ニュース
» 2016年01月06日 06時00分 UPDATE

エコカー技術:フォルクスワーゲンの排気ガス不正、車両と違法ソフトの両方で罰金を要求

米国司法省は、Volkswagen(フォルクスワーゲン)グループのディーゼルエンジン車が排気ガス内のNOx排出量について不正を行っていた問題について民事訴訟を起こした。訴状では、ディーゼルエンジン車そのものに加えて、不正を行うのに用いた違法ソフトウェアにも罰金を科するよう求めている。

[朴尚洙,MONOist]
NOx排出量不正の対象車となっている「ジェッタ」 NOx排出量不正の対象車となっている「ジェッタ」。写真は2012年に販売したモデル(クリックで拡大) 出典:フォルクスワーゲン

 米国司法省は2016年1月4日(米国時間)、Volkswagen(フォルクスワーゲン)グループのフォルクスワーゲン、Audi(アウディ)、Porsche(ポルシェ)各ブランドのディーゼルエンジン車が排気ガス内のNOx排出量について不正を行っていた問題について民事訴訟を起こしたと発表した。米国内の自動車の排気ガスや燃費に関する規制を統括する米国環境保護庁(EPA)の代理として、米国ミシガン州の連邦地裁に提訴した。

 訴状によれば、フォルクスワーゲングループが2009〜2015年に米国内で販売した排気量2.0l(リットル)と同3.0lのディーゼルエンジンを搭載する車両が対象になる。EPAは2015年9月、排気量2.0lのディーゼルエンジンについて、実験室内で排気ガスを計測するときだけNOx排出量が規制内に収まるように動作を制御する違法なソフトウェア(ディフィートデバイス)が使用されていたことを指摘している。これに対して、実走行時のNOx排出量は規制値の40倍に達したという。

 その後フォルクスワーゲングループもこの事実を追認しており、当時のグループCEOであるマルティン・ヴィンターコルン氏は退任に追い込まれている(関連記事:“傲慢な”フォルクスワーゲンは排ガス不正を機に開かれた企業になれるのか)。同年11月には、排気量3.0lのディーゼルエンジンの不正も明らかになった。

 今回の提訴で対象になる車両の台数は、排気量2.0lエンジン車が約49万9000台、同3.0lエンジン車が約8万5000台で、合計58万4000台にのぼる。米国の大気浄化法(Clean Air Act)に違反して同国の環境や国民の健康に大きな影響を与えたとして罰金を科すよう求めている。

 訴状内では、罰金の金額として、排気量2.0lエンジン車1台当たり3万2500米ドル、排気量3.0lエンジン車1台当たり3万7500米ドルを求めている。さらに、排気ガス不正を行うための違法なソフトウェアについても罰金を求めており、対象車両全てに2750米ドルの罰金が加わるという。これらを計算すると、排気量2.0lエンジン車が49万9000台で162億1750万米ドル、排気量3.0lエンジン車が8万5000台で31億8750万米ドル、違法なソフトウェアが58万4000個で16億600万米ドル、合計210億1100万米ドル(約2兆5000億円)となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.