ニュース
» 2016年01月07日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:デジタル生産準備ツールの新バージョンを発売、閲覧機能を強化

富士通は、製品の組み立てプロセス検討に3次元モデルを活用する、デジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」の機能強化と新製品の追加を発表した。

[MONOist]

 富士通は2015年12月15日、製品の組み立てプロセス検討に3次元モデルを活用する、デジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS(Virtual Product Simulator)」(以下、VPS)に、2つの製品を追加したと発表した。併せて、シリーズ全体をバージョンアップし、組み立て製造業向けに販売する。

 VPSは、デジタルプロセスが開発し、富士通が提供するパッケージソフトウェア。CADで作成した製品の3次元モデルデータを活用し、組み立て生産準備での製品レビューや製品組み立て時の工程検討、製造ラインのレイアウト検討など、生産準備の業務プロセス全体を支援する。

 今回のバージョンアップでは、元となる設計3次元CADデータが変更した際に、VPS上で影響する部分のみを反映させる、設計変更追従機能を強化した。また、工程ごとの各作業時間を積み上げてグラフ化する山積み表を元に手順を編集し、各工程作業の時間を均等化する機能を強化するなど、設計変更や製造工程の作り込みへの対応力を向上させ、組み立て構成・工程編集時間を短縮した。

 さらに、新たに閲覧機能を強化した「VPS Assembly Process Viewer」「VPS JTR」の2製品を追加。VPS Assembly Process Viewerは、組み立て性検証を行う工程フロー図(組み立てブロック図)をiOS端末上で閲覧でき、VPS JTRは3次元CADで付加された寸法・公差・表面仕上げなどの製品製造情報をVPS上で閲覧できる。

 価格は、VPS JTRが40万円(税別)で、VPS Assembly Process Viewerは無償で提供される。2製品を含むVPSシリーズの新バージョンは、同月22日より順次提供を開始し、2016年度末までに50億円の売り上げを目指すとしている。

photo VPS製品構成
photo iOS端末での工程フロー図表示

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.