ニュース
» 2016年01月08日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:川崎から北米へ――自動車のアクスル部品を初供給

三菱ふそうトラック・バスは、同社の川崎工場から、北米のダイムラー商用車ブランド「フレートライナー」向けのアクスル部品を初供給することを発表した。

[MONOist]

 三菱ふそうトラック・バスは2015年12月15日、同社の川崎工場から、北米のダイムラー商用車ブランド「フレートライナー」向けのアクスル部品を初供給すると発表した。初回出荷は12月を予定している。

 同工場が生産するのはアクスル部品の一部で、ファイナルドライブを構成するギアセット。この部品は、現在ダイムラーのドイツ工場、ブラジル工場およびグループ会社の米国工場で製造されている。今回、ダイムラー商用車部門の北米での需要増加を受けて、川崎工場でも生産を開始した。年間生産量は6000セットになるという。

 同工場で機械加工をしたギアセットは、北米の工場でアクスルに組み立て、フレートライナーの工場で車両に取り付けられる。

 同社では、同月11日に初出荷を記念するセレモニーを開催。「ギアセットの生産には高い機械加工・研磨技術が必要とされる。川崎工場での“ものづくり”が、ダイムラーグループで評価された結果だ」としている。

photo セレモニーの様子

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.