ニュース
» 2016年01月11日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:米業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカーを買収

パナソニックは、米Hussmannの全株式を2016年4月1日に取得すると発表した。取得額は15億4500万ドル(約1854億円)。今後、Hussmannを北米における食品流通事業の中核基盤と位置付け、事業を展開していく。

[MONOist]

 パナソニックは2015年12月21日、米Hussmannの買収に関し、同社の親会社Hussmann Parentおよびその株主代表と契約を締結したと発表した。これによりパナソニックは、2016年4月1日にHussmannを含むHussmannグループの全株式を取得する。取得額は15億4500万ドル(約1854億円)となる予定だ。

 Hussmannは、1906年設立の業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカー。米国、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国に計10カ所の生産拠点を持つ。パナソニックでは、食品流通事業の中心商材であるスーパーマーケット、コンビニエンスストア向け冷凍・冷蔵ショーケースについて、これまで日本・中国・アジアを中心に事業を展開してきた。今回、Hussmannを子会社化することで、最大市場の米国と周辺の国・地域、さらにオーストラリア、ニュージーランドにおいて、ショーケース事業と食品流通事業を本格的に展開していく。

 買収後、Hussmannの社名は変更せず、同社のブランドを継続して使用する。経営陣は留任し、パナソニックとの共同経営に参画する。また今後、Hussmannを北米における食品流通事業の中核基盤と位置付け、事業を展開していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.