ニュース
» 2016年01月12日 17時00分 UPDATE

自動運転技術:10分の1スケールの自動運転実験用ロボットカーが最新版に、開発環境も充実

ZMPは、自動運転や遠隔操縦、センシングの研究開発向けに10分の1スケールのロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始したと発表した。最新モデルとなる同製品は、従来製品として開発環境を充実させた他、新たにレーザーレンジセンサーをオプションで搭載する。税別価格は一般向けが80万円、アカデミックが68万円から。

[齊藤由希,MONOist]
実車の10分の1スケールの自動運転の研究開発向けロボットカー「RoboCar 1/10 2016」 実車の10分の1スケールの自動運転の研究開発向けロボットカー「RoboCar 1/10 2016」 (クリックして拡大) 出典:ZMP

 ZMPは2016年1月12日、自動運転や遠隔操縦、センシングの研究開発向けに実車の10分の1スケールのロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始したと発表した。RoboCar 1/10の最新モデルとなる。従来製品と比較して開発環境を充実させた他、レーザーレンジセンサーをオプションで搭載した。税別価格は一般が80万円、アカデミックが68万円から。2016年1月末から出荷を開始する。

 RoboCar 1/10 2016のサイズは全長429×全幅190×全高150mm、重量2.2kgで、室内で自動運転の実験を行える点が特徴だ。車両周囲のセンシングに利用できる単眼カメラ1個、赤外線センサー8個を搭載している。単眼カメラの撮影性能は画素数640×480ピクセル、フレームレートが30fps。赤外線センサーの測距性能は100〜800mm。

 RoboCar 1/10 2016からはオプションで最大2個のレーザーレンジセンサーを車両の前後に追加できる。レーザーレンジセンサーの測距性能は60〜4000mm。レーザーレンジセンサーセットは、税別価格が一般で104万円、アカデミックが92万円となる。障害物回避のサンプルプログラムも提供する。

周辺監視や車両の挙動を記録するために「RoboCar 1/10 2016」が搭載しているセンサー 周辺監視や車両の挙動を記録するために「RoboCar 1/10 2016」が搭載しているセンサー (クリックして拡大) 出典:ZMP

 他のセンサーとして、3軸の加速度センサーや1軸のジャイロセンサーの他、車輪/駆動用モーター/ステアリングにエンコーダを搭載しており、車両の挙動や走行距離を把握しながら実験できる。

 また、従来製品と比較して開発環境を充実させたことも特徴となっている。コンソールやマウス、キーボードを車両本体に直接接続でき、GUIでのオンボード開発に対応した。ディスク容量はSSD 64GBに増強し、実験で取得した画像データの蓄積が容易になったとしている。Linux(Ubuntu)/C++/OpenCVにも対応し、開発効率の向上をサポートする。

 さらに、システムを起動したまま電源を切り替え可能で、開発時はAC電源、走行中はバッテリーと使い分けることができる。実験時の通信環境の制約を低減するため、IEEE802.11acのWi-Fi通信にも対応した。

 RoboCar 1/10 2016は2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催する自動車技術の展示会「オートモーティブワールド2016」で展示する。

関連キーワード

自動走行車 | ZMP | 研究開発 | ロボットカー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.