ニュース
» 2016年01月13日 11時00分 UPDATE

キャリアニュース:2015年の平均年収は440万円――管理部門が年収アップ

転職サービス「DODA」が、ホワイトカラー系職種の男女約22万人を対象にした調査結果を発表。2015年の平均年収は440万円で、前年比2万円減となった。

[MONOist]

 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は2015年12月8日、「平均年収ランキング2015」を発表した。

 調査の対象者は、2014年9月〜2015年8月末までの間に、DODA転職支援サービスに登録したホワイトカラー系職種の男女約22万人。そのデータを元に、正社員として就業する20〜59歳のビジネスパーソンの平均年収をまとめた。

 職種別の平均年収は「投資銀行業務」(779万円)が9年連続で1位となった。2位は「MR」(731万円:前回3位)、「経営企画/事業企画」が3位(695万円:同4位)と、順位を1つずつ上げている。前回2位だった「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」(687万円)は−22万円で、4位へ順位を下げた。

photo

 前回と比較して+84万円と最も年収が上がったのは、16位の「営業企画」(564万円)。年収の増加幅が大きい職種に注目すると、「営業企画」「財務」「総務/庶務」「経理」などの管理部門が多数を占めた。これは、企業のグローバル化への取り組みが加速したことや、積極的に資金調達をする企業が増え、中核を担う管理部門のニーズが高まったことが理由だと考えられる。

業種別1〜2位は前回と変わらず。年収上昇最多はホテル・旅館業

 業種別平均年収については、前回と同じく1位が「医薬品メーカー」(694万円)、2位は「投信/投資顧問」(675万円)、3位は前回6位だった「医療機器メーカー」(570万円)という結果が出た。年収上昇が最も多かったのは44位の「ホテル・旅館・宿泊施設」(396万円)で68万円増。これは、訪日外国人客の増加や、円安による国内旅行の人気の高まりが影響していると思われる。

photo

 総合すると、2015年の平均年収は440万円で前年比2万円減。今回も2014年と同じく、前年を割る結果となった。全体的には微減であるものの、採用ニーズの高い職種や業種では年収がアップしており、さらなる成長に向けて意欲的な企業も増加する中、今後もこの傾向は強まるとみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.