ニュース
» 2016年01月14日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:Watson IoT事業のグローバル拠点をドイツ・ミュンヘンに開設

IBMは、同社のWatson IoT事業のグローバル拠点とWatsonイノベーション・センターを、ドイツのミュンヘンに開設すると発表した。

[MONOist]

 日本IBMは2015年12月16日、IBMのWatson IoT(モノのインターネット)事業のグローバル拠点とWatsonイノベーション・センターを、ドイツのミュンヘンに開設すると発表した。

 ミュンヘンの拠点は、開発者やコンサルタント、研究者、設計担当者などの1000人体制で構成される。データ・サイエンティスト、エンジニア、プログラマーの共創拠点とするほか、コグニティブ(認知型)・コンピューティングとIoTが連携する新しい次元の「つながる」ソリューションを構築していく。

 また、「IBM Watson IoT Analytics」の一部として、新たなWatson APIサービスの提供を開始する。新しいAPIサービスは、自然言語処理(NLP)、機械学習、ビデオ・イメージ・アナリティクス、テキスト・アナリティクスの4つのAPIファミリーとなる。同社のグローバル・プラットフォーム「IBM Watson IoT Cloud」上で提供され、コグニティブIoTのソリューションとサービスの開発を加速させる。これらの取り組みによりユーザーは、IBMのクラウド上でIoTプラットフォームに直接アクセスし、次世代コグニティブIoTのアプリやサービス、ソリューションの検証・開発・構築が可能になるという。

 さらにIBMでは、東京を含むアジア、欧州、米国の8カ所に、Watson IoT Client Experience Centerを開設する。同センターを通じて、Watson IoT Cloud Platformを通じて提供される、コグニティブ知能を使った新しい製品とサービスの開発・作成に必要なテクノロジー、ツール、人材を提供するとしている。

photo

関連キーワード

IoT | IBM | ドイツ | IBM Watson | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.