ニュース
» 2016年01月15日 11時00分 UPDATE

キャリアニュース:出世しない人は「コミュニケーション能力が低い」――6割近くが回答

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「出世する人、しない人」についての調査結果を発表。回答した転職コンサルタントの6割近くが、出世できない人に共通する人柄として「コミュニケーション能力が低い」を挙げた。

[MONOist]

 エン・ジャパンが運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」は、2015年12月16日に「出世する人、しない人」についてのアンケート調査結果を発表した。

 調査の対象者は、同サイトを利用する転職コンサルタント。そのうち119人から回答を得た。

 管理職候補として採用されながら、入社後、管理職に出世しなかった人がいるかという問いに対して、58%が「管理職にならなかった方がいる」と回答。管理職登用に至らなかった要因として「当初期待されていたパフォーマンスが期限内に到達しなかった」「(入社後の実務対応について)まともな業務ができなかった」「同僚(周囲)からの信頼が薄い」といった意見が挙がった。

photo

出世できないのはコミュニケーション能力の低い人

 次に「出世できない人に共通する人柄」を尋ねたところ、「コミュニケーション能力が低い」が59%と最も多かった。続いて「ストレス耐性が弱い」(49%)、「何かあると人の責任にする」(45%)となっている。

photo

 「出世できない人に共通する仕事の進め方・取り組み方」については「問題解決能力が低い」が51%で1位だった。その他、上位には「現場の仕事の遂行能力が低い」(49%)、「パフォーマンスを出すことができない」(46%)が挙がった。目の前の問題に対して、周囲とコミュニケーションを図りながら仕事を遂行し、成果を出せる人でないと出世は難しいと言えそうだ。

photo

 一方、「出世する人に共通する人柄」は「周囲を巻き込むコミュニケーション能力がある」が74%で最多、次に「ストレス耐性が高い」(54%)が続いた。コミュニケーション能力の低さとストレス耐性の弱さが上位回答だった「出世できない人に共通する人柄」とは、対照的な結果が出た。

photo

 「出世する人に共通する、仕事の進め方・取り組み方」については、「問題解決能力が高い」(51%)、「高いパフォーマンスを出すことができる」(49%)という回答が上位に挙がった。こちらも「出世できない人」と対照的な結果になっており、出世には、一緒に働くメンバーと良い関係を築きながら、問題解決に向けて高いパフォーマンスを出すことが求められていると言える。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.