ニュース
» 2016年01月15日 07時00分 UPDATE

オートモーティブワールド2016:ハイブリッド車の降圧用DC-DCコンバータの体積を半減、新電元が2016年2月に量産

新電元工業は、「オートモーティブワールド2016」において、体積を従来比で50%削減した、ハイブリッド車のバッテリーの出力電圧を降圧するDC-DCコンバータを紹介した。

[齊藤由希,MONOist]

 新電元工業は、「オートモーティブワールド2016」(2016年1月13〜15日、東京ビッグサイト)内の「第8回国際カーエレクトロニクス技術展」において、体積を従来比で50%削減した、ハイブリッド車のバッテリーの出力電圧を降圧するDC-DCコンバータを紹介した。ハイブリッドシステムの小型化に貢献する。日系自動車メーカー向けに2月にも量産を開始する予定だ。

小型化したDC-DCコンバータ従来のDC-DCコンバータ 体積を従来比で50%削減した車載用DC-DCコンバータ(左)と従来のDC-DCコンバータ(右)。パワーMOSFETのモジュール化が小型化に貢献したという (クリックして拡大)

 展示したDC-DCコンバータは、従来は個別部品のパワーMOSFETで構成していた電力変換回路をモジュール化することにより、小型化を実現した。同社の半導体事業は、パワー半導体のモジュール化に注力しており、その取り組みを採用した。

 小型化するだけでなく、電力変換効率も従来品の92%から95%に高めた。変換効率の改善に貢献したのは「電圧の制御に用いていたダイオードをMOSFETに変更したことによるもの」(同社の説明員)だという。また、従来品は一般的なシリアル通信にしか対応していなかったが、新開発品は車載LANとして一般的なCANインタフェースを搭載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.