ニュース
» 2016年01月18日 07時00分 UPDATE

FAニュース:1つのネットワークで機器の各種制御が可能なシンプルモーションユニット

三菱電機は、CC-Link IEフィールドネットワーク対応のシンプルモーションユニット「RD77GF」を発売した。高度なモーション制御が可能で、マスター局としての機能も持つため、システム構築のコストを抑えられるという。

[MONOist]

 三菱電機は2015年12月25日、1つのネットワークでさまざまなフィールド機器を自由に接続できる、シンプルモーションユニット「RD77GF」を発売した。CC-Link IEフィールドネットワークに対応しており、高度なモーション制御が可能になる。

 CC-Link IE フィールドネットワークは、モーション制御に必要な同期性とEthernetの汎用性を両立させたもので、1つのネットワークでサーボアンプ、I/O、高速カウンタなどのフィールド機器を接続できる。

 RD77GFは、ファンクションブロック(FB)などのシーケンスプログラムの作成や、シンプルモーションユニットのパラメータ設定、サーボ調整、デバッグなどを1つのエンジニアリングソフトウェアのみで対応。サーボ指令通信周期に合わせて、同期エンコーダ値、シートの張力値、印字出力などのデータを入出力できるため、モーション制御の幅が広がる。

 また、スイッチングハブを接続することで、スター型/ライン型/スター・ライン型混在のネットワーク構築を設定レスで変更できる。スイッチングハブの空きポートにケーブルをつなぐだけでフィールド機器の設置が可能だ。

 サーボアンプ「MR-J4-GF」をRD77GFと組み合わせて使用すれば、高度な同期制御・補間制御が可能となる。MR-J4-GFは、MR-J4シリーズの制御機能を継承しており、CC-Link IEフィールドネットワークに標準対応。複数軸の位置決め、同期制御などのモーション制御が可能な「モーションモード」と、1軸での位置決めに対応する「I/Oモード」があり、用途によって使い分けられる。

 RD77GFはCC-Link IE フィールドネットワークマスター・ローカルユニット相当のリンクデバイス、マスター局としての機能も装備。そのため、システム構築のコストが削減できる。

 さらに、事務所や現場のどこからでもパラメータ設定、フィールド機器の情報収集が可能。位置決め、速度・トルク、カム、アドバンスト同期などの幅広い制御により、X-Yテーブル、包装機、コンバーティングなどのさまざまな機械に対応する。シーケンスプログラムからポイントテーブル方式の位置決めデータを始動することで、簡単に補間や軌跡制御といった位置決め制御ができる。

 ギア、シャフト、クラッチ、変速機、カムなどの機械機構をソフトウェアに置き換えた同期制御に加え、カム自動生成機能を搭載。軸ごとに同期制御の始動、停止ができ、同期制御軸と位置決め制御軸の混在が可能となった。

photo RD77GF
photo CC-Link IE フィールドネットワークのイメージ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.