ニュース
» 2016年01月19日 07時00分 UPDATE

FAニュース:15mの長尺ワークに対応する門形マシニングセンタを発売

東芝機械は、航空機用長尺部品のアルミワークの高速加工向けに、高速マシニングセンタ「MCW-46150(5A)」シリーズを発売した。15mの長尺ワークに対応でき、粗加工から仕上げまでの連続作業が可能なので、加工時間を削減し効率向上に貢献する。

[MONOist]

 東芝機械は2016年1月6日、航空機用長尺部品のアルミワークの高速加工向けに、高速マシニングセンタ「MCW-46150(5A)」シリーズの販売を開始した。

 MCW-46150(5A)シリーズは、15mの長尺ワークに対応。ワークの積載質量が最大10ton/m2となり、ワーク質量に左右されることなく長大ストローク15m以上が可能となった。また、ワークを固定し加工ヘッドが移動するため、X/Y/Z軸の移動物質量が変化せず、安定した加工能力を発揮する。

 主軸に高出力ビルトインモータ(AC64kW 30分定格/53.4kW 連続定格)を採用することで、最高主軸回転速度が1万2000min-1となり、従来機に比べて20%速い高速加工が可能となった。また、B/C軸にはダイレクトドライブモータを採用し、3600deg/minの高速旋回が可能な5軸ヘッドを搭載。粗加工から仕上げ加工まで連続作業が可能となり、段取り時間の削減と加工効率が向上する。これにより、他社同等製品よりも加工時間を20%短縮できるという。

 さらに、工具先端点制御機能がオプションで用意されており、加工面段差の加工仕上げや仕上げ面の面質といった、ワークの加工品質向上に貢献する。

 参考価格は4億円で、航空機部品の仕上げ加工用を中心に年間3〜5台の販売を目指すとしている。

photo MCW-46150(5A)

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.