ニュース
» 2016年01月19日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:GEのネットワーク型資産管理ソリューションを国内で販売開始

富士通は、米ゼネラル・エレクトリック・インターナショナル・インク(GE)と、GEのネットワーク型資産管理ソリューション「Smallworld」を日本国内で共同展開することに合意した。

[MONOist]

 富士通は2016年1月6日、米ゼネラル・エレクトリック・インターナショナル・インク(GE)と、GEのネットワーク型資産管理ソリューション「Smallworld」を日本国内で共同展開することに合意したと発表した。同日より販売を開始している。

 Smallworldは、電気・ガス・水道・通信などのユーティリティ分野向けのパッケージソフトウェア・ソリューション。一般的なGIS(地理情報システム)と違い、地図情報だけでなく、電力事業の送配電設備やガス事業の管設備など、業種ごとに最適化された資産管理アプリケーションが含まれている。そのため、専用のアプリケーションを個別に開発する必要がなく、システム導入・運用にかかるコストを削減できる。

 また、管理対象となる設備があらかじめ定義したオブジェクトとしてモデル化され、設備の稼働状況や相互の接続関係を認識できる。さらに、Google Mapsやその他の地図データを活用したシームレスマップ・データベースを採用。管理対象の資産数が膨大なシステムでも、処理速度が低下せずに利用できる。外部データベースや周辺システムとの連携も可能で、さまざまな外部データベースやデータファイルを連携させて仮想的に1つのデータベースとして扱うことも可能だ。

 富士通では今後、Smallworldを自社のエネルギー事業者向けソリューションに加え、システムインテグレーションや保守・運用サービスとともに提供する。GEでは、富士通の日本国内の販売網などを活用し、Smallworldの拡販を目指すとしている。

photo 「Smallworld」製品ポートフォリオ
photo 「Smallworld」画面イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.