ニュース
» 2016年01月19日 11時54分 UPDATE

IoT機器で暗号通信認証が高速動作する新技術、富士通ら開発

富士通研究所らが暗号通信方式「TLS」の認証処理時間を約1/5に短縮する技術を開発した。処理能力の限られるIoTゲートウェイなどでもPCと同レベルの暗号通信を実用的に運用できる。

[渡邊宏,MONOist]

 富士通研究所は2016年1月19日、東京大学および東邦大学と共同で暗号通信方式「TLS」の認証処理時間を短縮する技術を開発したと発表した。処理速度の高速化と負荷軽減により、IoTのエンドデバイスやゲートウェイへの搭載を現実的なものとする。

 開発された認証技術はIoTのゲートウェイなどPCやサーバより低い処理能力しか持たないデバイスを対象とし、TLS認証に証明書不要なIDベース鍵交換方式を導入した。加えて、認証と鍵交換だけを効率よく行う方式を採用し、また、最初にIDを通知する仕組みを考案することで、通信の効率化も同時に実現している。

新方式の認証手順 新方式の認証手順

 東京大学と東邦大学のゲートウェイとサーバを対象に、開発技術を組み込んだIEEE 1888通信ソフトウェアをインストールした実証実験も行われており、同等の暗号強度をもつ従来方式と比べTLSの認証処理時間を約5分の1に軽減することが確認できた。

TLS認証時の従来方式との性能比較 TLS認証時の従来方式との性能比較

 同社では開発技術の2017年度実用化を目指し、東邦大学とともに本技術を適用したIEEE 1888通信ソフトウェアを東大グリーンICTプロジェクト(GUTP)の参加団体へ提供し、適用拡大を図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.