ニュース
» 2016年01月20日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:IoT情報を活用した保守サービス支援システムの構築を支援

日本IBMは、IHIグループが提供する自動倉庫の保守事業において、IoT情報などのビッグデータを活用した保守サービス支援システムの構築を支援し、同システムが本格稼働したことを発表した。

[MONOist]

 日本IBMは2016年1月6日、IHIグループが提供する自動倉庫の保守事業において、IoT(モノのインターネット)情報などのビッグデータを活用した保守サービス支援システムの構築を支援し、同システムが本格稼働したことを発表した。

 今回、日本IBMでは、設備・機器などのIoTから得られるビッグデータを解析し、故障予測や計画点検を行うためのIoTソリューションと設備管理ソリューションを新システムに提供。各種センサーからの異常や稼働履歴、作業員の出動履歴・保守履歴などに加え、同社のソフトウェアSPSSで分析した故障予測などの分析結果、顧客別・自動倉庫機種別のカルテ情報などをIBMの設備管理ソリューション「Maximo」で一元的に管理し、可視化・分析を可能にした。

 新システムにより、全国の顧客設備の状況やカルテ情報、保守要員の出動履歴などが全国16カ所のサービス・センターで把握でき、故障対応の質の向上、定期点検の効率化、遠隔監視が可能になるという。また、各部品の故障予測をすることで、計画的な部品調達が可能になり、部品調達コストの削減にもつながるとしている。

関連キーワード

IoT | IBM | ビッグデータ | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.