ニュース
» 2016年01月20日 06時00分 UPDATE

東京オートサロン2016:日本で売れない「マーチ」、フランスではファッションブランド特別仕様車が好評

日産自動車は「東京オートサロン2016」において、フランスで販売する「マイクラ(日本名マーチ)」の特別仕様車「マイクラLolita Lempicka」と共通のデザインでカスタマイズした「マーチ」「ノート」「ジューク」を展示した。クルマの内外装をパーソナライゼーションする楽しさをアピールした。

[齊藤由希,MONOist]

 日産自動車はカスタムカーの展示会「東京オートサロン2016」(2016年1月15〜17日、幕張メッセ)において、フランス法人が販売する「マイクラ(日本名マーチ)」の特別仕様車「マイクラLolita Lempicka」と共通のデザインでカスタマイズした「マーチ」「ノート」「ジューク」を展示した。

「+Lolita Lempicka(ロリータレンピカ)コンセプト」でカスタマイズした「マーチ」 「+Lolita Lempicka(ロリータレンピカ)コンセプト」でカスタマイズした「マーチ」 (クリックして拡大)

 マイクラLolita Lempickaは、フランスのファッションブランド「Lolita Lempicka(ロリータレンピカ)」と共同で車両の内外装をデザインした。日産自動車の説明員によると「フランスで販売するマイクラの2%を同モデルが占める。特別仕様車としてはヒットといえる売り上げ」だ。背景には「クルマの内外装を自分の好みに合わせてデコレーションするパーソナライゼーションの需要拡大がある」(説明員)という。

 東京オートサロンに「+Lolita Lempicka(ロリータレンピカ)コンセプト」のマーチ/ノート/ジュークを出展したのは、パーソナライゼーションの楽しさを広く知ってもらう狙いがある。ロリータレンピカは女性向けのブランドだが、出展車両は女性だけでなく男性の来場者の反応も良いという。

ノートジューク ロリータレンピカとコラボレーションした特別仕様車の設定は「マイクラ(日本名マーチ)」のみだが、「ノート」(左)と「ジューク」(右)でも試作して展示した

 ロリータレンピカとコラボレーションした外装デザインの特徴は、ルーフとピラーを皮革調の表面加工を施したステッカーで覆っている点だ。ステッカーのカラーは黒色のみの設定で、白色のボディーカラーと組み合わせる。このステッカーは日本円換算で約6万7000円のオプション設定だという。

ステッカー1ステッカー2 ルーフとピラーを皮革調の表面加工を施したステッカーでラッピングする (クリックして拡大)

 車内外に配置されたロリータレンピカのブランドロゴマークや、専用デザインのホイール、ボタン引きのレザーシートも、通常のマイクラから変更された点だ。

シートもロリータレンピカとコラボレーションした専用デザイン シートもロリータレンピカとコラボレーションした専用デザイン (クリックして拡大)

 ロリータレンピカ仕様のモデルの国内発売は未定となっている。日本導入に当たっては欧州の気候に合わせた耐久性の外装ステッカーが、日本の気候にも対応できるか検討する必要があるとしている。また、フランスと同様にカラーバリエーションは増やさず「シックさをセールスポイントとした展開になるのでは」(説明員)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.