ニュース
» 2016年01月20日 17時12分 UPDATE

CADニュース:リバースエンジニアリングを容易に、「ANSYS SpaceClaim 2016」国内出荷開始

サイバネットシステムはSpaceClaimの3次元ダイレクトモデラー「ANSYS SpaceClaim」の最新バージョン、「ANSYS SpaceClaim 2016」の国内出荷開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 サイバネットシステムは2016年1月18日、米SpaceClaimが開発した3次元ダイレクトモデラー「ANSYS SpaceClaim」の最新バージョン「ANSYS SpaceClaim 2016」の国内出荷開始を発表した。

 ANSYS SpaceClaimは、拘束や履歴に捉われることなく3次元形状を素早くモデリングできる3次元ダイレクトモデラー。構想設計の段階から活用でき、解析用のモデル準備や生産現場で発生する設計データの変更にも簡単に適用可能で、工数やコストの削減、リードタイムの短縮などに貢献できるという。

 最新バージョンでは、パフォーマンスが大幅に向上。起動時間が約60%短縮され、大規模モデルの読み込み/保存が10〜50倍高速化されたという。また、インプリントなどの機能によっては200倍もの高速化が実現されているとする。

 さらに、さまざまなモデリング機能の強化やインタフェースの改善に加え、新機能として、メッシュデータにフィットしたサーフェスを容易に作成できる「スキンサーフェス」が標準機能になった。その他、汚いメッシュデータから3Dプリント可能なメッシュデータを作成する「シュリンクラップ」がオプション製品「STL編集モジュール」に追加されるなど、リバースエンジニアリングや3Dプリンタ用データ作成に関する機能強化も図られている。

「スキンサーフェス」ツールによるサーフェス作成 「スキンサーフェス」ツールによるサーフェス作成(出典:サイバネットシステム)
「シュリンクラップ」ツールによる単一メッシュデータの作成 「シュリンクラップ」ツールによる単一メッシュデータの作成(出典:サイバネットシステム)

 モデリング機能、図面機能、3次元マークアップ機能など、全ての機能を搭載したノードロック版の販売価格(税込)は、1年間の技術サポート/年間保守料を含み、54万円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.