ニュース
» 2016年01月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高能率・高精度を追求したボアボーリング加工用カッター

三菱マテリアルは、ボアボーリング加工用カッター「BMR」を発表した。自動車部品のシリンダーブロックなどのボア荒加工に用いるカッターで、6角形両面インサートの採用によって、高能率・高精度を追求したものだ。

[MONOist]

 三菱マテリアルは2015年12月24日、同社加工事業カンパニーがボアボーリング加工用カッター「BMR」を販売すると発表した。

 「BMR」は自動車部品のシリンダーブロックなどのボア荒加工に用いるボーリング加工用カッターだ。6角形両面インサートの採用により、高能率と高精度を追求し、コスト削減に貢献するという。

 同製品は高剛性クランプにより耐欠損性が向上し、高送り加工が可能だ。カッターボディは経済的なM級インサートが使える外周刃調整機能付き。搭載インサートは高剛性な両面6コーナータイプ(勝手なし)と、インサート剛性を保持しつつも経済的な両面12コーナータイプ(右勝手のみ)がラインアップされている。標準価格は、両タイプともに税込1166円となっている。

カッターボディは特殊受注対応とし、搭載インサートは規格在庫対応で2015年11月15日から販売している。

photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.