ニュース
» 2016年01月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:実効タクトが5%向上した高速モジュラーなど、表面実装機2種を発売

ヤマハ発動機は、表面実装機の新製品として、実効タクトが従来機比5%向上したプレミアムモジュラー「Σ-F8S」と、基板対応力を拡大した高効率モジュラー「Z:LEX YSM20W」を発売した。

[MONOist]

 ヤマハ発動機は2016年1月7日、表面実装機の新製品として、プレミアムモジュラー「Σ-F8S」と高効率モジュラー「Z:LEX YSM20W」を発売した。

 Σ-F8Sは、同社従来モデルの「Σ-F8」をベースとし、XY駆動軸に相殺型リニアモーターを搭載。併せて、最新の制御技術を採用したことで、実効タクトが従来機に比べて平均5%向上した。また、搭載精度±25μm(3σ)を達成し、0.25×0.125mmの0201サイズの極小チップ部品にも対応できる。

 YSM20Wは、同社の高効率モジュラー「Z:LEX」シリーズのワイドボディモデルとなる。デュアルレーン仕様では、前後同一幅基板搬送時で最大基板幅356mmまで対応し、最大基板幅324mmまでは前後のヘッドが干渉せずに稼働できる。さらに、シングルレーン仕様では、最大基板長810mm、最大幅742mm、搬送可能重量10Kg、最大基板厚8mmまでの搬送に対応した。

 発売は、Σ-F8Sが同年4月1日、YSM20Wが同年2月1日の予定。発売から1年間で、Σ-F8Sは50台、YSM20Wは75台の販売を目指すとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ヤマハ発動機 | FAニュース | 新製品


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.