ニュース
» 2016年01月28日 12時00分 UPDATE

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:日本政府のスマートファクトリーへの対応は遅れているのか?

製造業の期待、ドイツ連邦政府との比較……。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2016年1月28日発行の「モノづくり総合版メルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


日本政府のスマートファクトリーへの対応は遅れているのか?

 MONOistでは2016年1月15日に都内で「インダストリー4.0の到来は日本をどう変革するか」をテーマにセミナーを開催させていただきました。当日は、経済産業省 製造産業局 ものづくり政策審議室 室長の正田聡氏や米国のIoT推進団体であるインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)の日本での活動を取り仕切る吉野晃生氏、セッションパートナーとしてオートデスク 技術営業本部マネージャの加藤久喜氏に登壇していただき、大きな変革の中で日本の製造業はどういうことを考えなければならないかについて考察していただきました※)

関連記事:日本の製造業が「IoTで遅れている」と指摘される理由

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.