ニュース
» 2016年01月29日 07時00分 UPDATE

FAニュース:シールドカット工程を機械化する卓上加工機を発売、作業時間を10分の1に短縮

シュロニガージャパンは、多芯シールドケーブルの加工工程を機械化する卓上加工機「ShieldCut 8100」を開発した。従来手作業だったシールドカット工程を機械化したことで、作業時間を約10分の1に短縮するという。

[MONOist]

 シュロニガージャパンは2016年1月8日、多芯シールドケーブルの加工工程を機械化する卓上加工機「ShieldCut 8100」を開発したと発表した。

 ShieldCut 8100は、複数層で構成される多芯シールドケーブル中央部のコア電線を傷つけることなく、シールド(外部導体)部分のみを高精度に切断できる。従来手作業だったシールドカット工程を機械化したことで、作業時間を約10分の1に短縮するという。

 被覆材を含めたケーブル外径2.0〜9.0mm、シールド切断長10〜120mmのケーブル加工に対応し、1本当たりの処理時間は約5秒となる。被覆材の厚さや切断長など、ケーブルによって異なる切断寸法のパラメータを、本体内に最大1000件まで保存できる。

 サイズは奥行き600×幅220×高さ360mmで、重量は約18kg。7インチのカラータッチスクリーンを搭載し、直感的な操作で個々の作業プログラムを実行できる。参考価格は220万円となっている。

photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 卓上 | FAニュース | タッチスクリーン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.