ニュース
» 2016年02月03日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:仮想化基盤を短期間で導入できるソリューションを発売

NECは、仮想化基盤の導入を検討しているユーザー向けに「仮想化簡易導入ソリューション」を発売した。

[MONOist]

 NECは2016年1月15日、仮想化基盤の導入を検討しているユーザー向けに、ハードウェア、ソフトウェア製品と構築支援サービスをセットにした「仮想化簡易導入ソリューション」を発売した。

 同ソリューションは、ITリソースの集約化や運用の効率化のために近年導入されている、サーバやストレージの仮想化を支援するもの。3台の仮想マシンを持つIAサーバ「Express5800/R120f-1M」とユニファイドストレージ「iStorage M110」、仮想化環境を可能にするソフトウェア「VMware vSphere 6」、および構築支援サービスがセットになっている。

 事前にサーバとストレージを組み合わせてソフトウェアの動作検証・評価が実施されており、セットアップを支援する構築支援サービスと合わせて、短期間で簡単に仮想化基盤が導入できるという。

 また、従来の仮想化環境では、サーバは仮想マシン単位、ストレージは論理ディスク単位でリソースを管理するため、バックアップや復旧、QoS(複数のサーバから共有されたストレージの性能を維持する機能)などのストレージ機能は論理ディスク単位で利用する必要があったが、VMware vSphere 6の仮想ボリューム機能「VVOL」により、仮想マシン単位での利用が可能だ。

 価格は999万8000円(税別)となっている。

photo 仮想ボリューム機能「VVOL」の利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.