ニュース
» 2016年02月08日 23時00分 UPDATE

羽田空港でNAOがご案内、JALと野村総研が実証実験

日本航空と野村総合研究所が、羽田空港にてサービスロボット「NAO」を利用しての顧客サービス向上の実証実験を期間限定で実施する。

[渡邊宏,MONOist]

 日本航空と野村総合研究所は2016年2月8日、羽田空港にてサービスロボットを利用しての顧客サービス向上の実証実験を期間限定で実施すると発表した。

 羽田空港第一ターミナル 南ウイングのJALインフォメーションカウンターではサービスロボットとデジタルサイネージを連動させ、ロボットが旅客と会話しながら行き先の口コミ情報を知らせたり、搭乗ゲートを案内する。

対話形式での情報提供 対話形式での情報提供
空港スタッフとロボットの連携 空港スタッフとロボットの連携

 保安検査場前では空港スタッフが装着するスマートウォッチからロボットに指示を出し、ロボットからの反応をスマートウォッチで受信するといった、サービス要員とロボットの連携効果も確認する。また、保安検査場ではロボットによる多言語アナウンスも行う予定としている。

 ロボットについては動きの自由度が高く、多言語対応が可能であるという観点よりアルデバランの「NAO」が採用されており、野村総研はシステム開発を担当する。実証実験の期間は2016年2月9日から同月18日までの予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.