ニュース
» 2016年02月11日 07時00分 UPDATE

FAニュース:プロダクションモジュラーの新モデル「NPM-TT2」、2月から受注開始

パナソニック ファクトリーソリューションズは、大量生産から変種変量生産まで、最適なラインを構築できるように開発したプロダクションモジュラーの新モデル「NPM-TT2」の受注を2月より開始する。

[MONOist]

 パナソニック ファクトリーソリューションズは2016年1月26日、大量生産から変種変量生産まで対応できるように、高生産性と高精度の両立を図ったプロダクションモジュラーの新モデル「NPM-TT2」を同年2月より受注開始すると発表した。

 実装基板の生産量は各実装工場で異なり、使用される基板や部品は多種多様になっている。そのため、各実装工場の生産形態や各商品の特性に応じた生産装置が必要とされており、こうしたニーズに対応するため、今回NPM-TT2が開発された。

 同モデルでは、変種変量生産向けプロダクションモジュラー「NPM-W2」のデュアルレーンと直接連結することで、前後トレイ供給でのデュアルレーン完全独立実装に対応する。これにより大量生産から変種変量生産まで、最適なラインを構築できるように。さらにマルチ認識カメラを採用することで、大型異形部品実装の生産性を向上するとともに、NPM-W2や、はんだ印刷、検査、電子部品実装などを扱う「NPM-D3」と認識データを共有できるようになった。

 また、ユーザー側でシングルトレイと17連交換台車の取り換えができるため、トレイ部品とフィーダー部品の比率変動を柔軟に調整できる。

 最高実装速度は3万6000cph(1時間に実装できるチップ数)。対象基板はデュアルレーンモードが50×50mm〜510×300mm、シングルレーンモードが50×50mm〜510×590mmとなる。

photo プロダクションモジュラー「NPM-TT2」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.