ニュース
» 2016年02月12日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:エレクトロニクス事業のオペレーション機能強化に向け、新会社を設立

ソニーは、モノづくりに関するオペレーション機能強化のため、子会社のソニーEMCSとオペレーション業務担当組織を統合し、新たに「ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ」を設立する。

[MONOist]

 ソニーは2016年1月20日、生産・物流・調達・品質/環境など、モノづくりに関するオペレーション機能強化のため、機構改革を実施すると発表した。

 同改革では、国内においてコンシューマー製品と業務用機器の設計・製造・修理サービスを担当するソニーイーエムシーエス(以下、ソニーEMCS)と、ソニーで当該オペレーション業務をグローバルに担当する組織を統合。新たに、「ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ」を設立する。

 新会社では、これまでソニーEMCSが担ってきた国内生産や海外製造事業所の管理機能に加え、国内外の調達・物流・品質/環境領域の実務を行うグローバルシェアードサービス機能、事業本部・事業会社と連携した要素技術開発・生産技術開発・設計支援を行うエンジニアリング機能を担当する。

 これにより、従来は各組織で培ってきたオペレーションに関する知見を結集し、効率化を図る。同時に、国や地域、製品カテゴリー領域を超えたオペレーションの変革を継続し、エレクトロニクス事業の強化に取り組むとしている。

 新会社の発足は同年4月1日で、代表取締役社長には、現ソニーEMCS社長の岸田光哉氏が就任する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.