ニュース
» 2016年02月12日 12時30分 UPDATE

キャリアニュース:製造業の人材不足で一段と売り手市場に――グローバル給与調査2016

ロバート・ウォルターズ・ジャパンが「グローバル給与調査 2016」で2015年の雇用傾向と2016年の見通しを発表。製造業の多くの分野で採用が活発化し、人材不足が続くエンジニアの確保が2016年は一段と困難になると分析している。

[西坂真人,MONOist]

 バイリンガル人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンは2016年1月28日、日本を含む世界24カ国の雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた「グローバル給与調査 2016」で2015年の傾向と2016年の雇用動向見通しを発表した。

 2015年の傾向としては日系・外資系ともに採用は活発だったとし、その理由として日本の穏やかな景気回復が継続するとの見通しから、グローバル大手企業をはじめとする企業の積極採用が進み、転職に慎重だった労働者も求職活動に意欲的となったと分析。また、製造業の多くの分野で採用が活発化。これまでも人材不足が続いていたエンジニアの確保が一段と困難となり、営業、サプライチェーン従事者も不足したという。

 製造業の産業分野別でみると、自動車は2015年に自動走行車/ネットワークに接続した自動車などスマートカー開発が進み、コンシューマエレクトロニクスや情報通信業界などからのエンジニア流入が増加。この流れは2016年も一段と加速する見通しで、自動車業界の専門知識を持つ人材需要から、2015年、2016年ともに5〜20%の昇給率となるとしている。

 メーカーでは、IoTやM2Mおよびウェアラブルなど新テクノロジー需要が高まり、ハード・ソフト両方の専門知識を持つエンジニアを求める動きが強まると分析。エネルギーインフラ分野では2015年、2016年ともに現場土木技師の給与水準が上昇。2015年の太陽光発電企業では事業成長を背景にさまざまなポジションで人材の獲得競争になるとし、新規プロジェクトの立ち上げ経験のある開発者も2016年に一段と需要が高まると予測している。

 化学分野は日本市場に参入する外資系多国籍企業の増加による人材需要などから採用活動も比較的活況に。製造業向けの化学薬品から、ライフサイエンス向けの化学薬品(消費者向け薬品、製薬材料、農業用など)に重点がシフト。特に研究開発・技術サービスで、ライフサイエンス向け化学薬品の材料や関連分野での業務経験を持つ営業・エンジニアの需要が増加。日用品の製造から、高価値の特殊化学薬品の研究開発へ、人材需要がシフトしているという。

 また、給与のキートレンドとして転職時の給与上昇率が職種によって変わっていることを紹介。小売や消費財関連が5%未満である一方で、製造部門の主要分野のエンジニア、営業、サプライチェーンのスペシャリストの上昇率は最大20%に上るという。景況感の改善に伴い、転職に消極的だった日本の労働者たちも求職活動に積極的になった他、人材不足の状況が続く中で採用担当者が求職者の現時点での経験にこだわらず将来的な成長の可能性を見て採用する姿勢を見せてきているという。その上で、全ての市場でサイバーセキュリティ/クラウドコンピューティング/モノのインターネット(IoT)/ビッグデータのスペシャリストは、の給与水準が最大20%上昇する見通しと予測している。

photo

2016年の日本国内市場全般は?

 2016年はバイリンガル人材を求める企業を中心に1年を通じて活発な採用活動が続くと予想。大半のポジションで日本語が堪能であることが求められることから、外国人人材にとってはチャンスが限られているのが現状で、日本国内の若年求職者のキャリア志向低下や人口減少も相まって、増大する企業の欠員数と国内人材数とのギャップが一段と広がる見通しとしている。また、バイリンガル採用事情でTOEICは700点が一応の目安となっているが、特に製造業ではほとんど話せない程度、メールでやりとりできる程度、など職種によってかなりハードルが低くなっているという。

 今回発表されたレポートは、24カ国全ての調査結果を収容したグローバル版(英語)と日本の調査結果のみをまとめた日本版(日本語・英語)の冊子が用意されており、希望者へ無償配布を行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.