ニュース
» 2016年02月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:最新センサーを搭載したエリアセンサーカメラ量産開始

リンクスは、Baslerのエリアセンサーカメラ「ace/dart/pulse」シリーズが量産を開始したと発表した。高速・高画質のaceシリーズは従来のCMOSセンサーのスペックを大きく上回っており、dart/pulseシリーズは移動体の撮像も可能だ。

[MONOist]

 リンクスは2016年1月29日、Baslerのエリアセンサーカメラ「ace/dart/pulse」シリーズが量産を開始したと発表した。3シリーズともコストパフォーマンスに優れ、CCDカメラからCMOSカメラへの置換に最適なモデルとなっている。

 aceシリーズは、ON Semiconductor製PYTHONセンサーを搭載。カメラからのデータ転送時間を限りなく短くする「Zero Row Overhead Time mode」により、USB3インタフェースにおいてVGAで751fps、5MPで60fpsと、従来のCMOSセンサーのスペックを大きく上回った。

 GigEインタフェースにおいても、VGAで376fps、5MPで21fpsが可能に。かつ、全機種グローバルシャッター対応で、従来CameraLinkインタフェースでしか対応できなかったアプリケーションにも幅広く利用できるようになった。

 さらに、ON Semiconductor独自の技術であるIn-pixel Correlated Double Sampling(ipCDS)により、ダークノイズやパターンノイズを抑えた高い画質が得られる。

 コンパクトなdart/pulseシリーズは、ピクセルサイズ4.5μm、センサーサイズ1/1.8"インチと、従来CCD(2MP)とほぼ同等の仕様を有するe2v製EV76C570センサーを搭載。同センサーは2MPで60fpsと高速で、移動体の撮像も可能なグローバルシャッターに対応している。

 例えば、dartシリーズはドローンなど飛行体への搭載が、pulseシリーズは、医療分野や交通監視(ITS)などへの適用が可能だ。

photo
photo
photo dart/pulseシリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

カメラ | CCD | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.