ニュース
» 2016年02月16日 16時57分 UPDATE

Arduinoで加速度や気圧を測定、8つのセンサーを搭載できるセンサーシールド

ロームが最大8つのセンサーを搭載できるセンサーシールド「SensorShield-EVK-001」を販売開始した。Arduinoやmbedで、ローム製センサーの評価と試作が手軽に行える。

[渡邊宏,MONOist]

 ロームは2016年2月16日、最大8種類の情報を測定できるセンサーシールド「SensorShield-EVK-001」を販売開始したと発表した。チップワンストップでの、センサー8種類とセンサーシールドの評価キット販売価格は1万4700円。

「SensorShield-EVK-001」 「SensorShield-EVK-001」

 新製品はArduinoやLazurite、mbedなどに装着する拡張ボードへ任意のセンサーを最大8個まで取り付けることのできるセンサーシールド。対応するセンサーは現在、加速度(KX022-1020)、気圧(BM1383GLV)、地磁気(BM1422GMV)、照明近接(RPR-0521RS)、カラー(BH1745NUC)、磁気(BD7411G)、温度(BD1020HFV)、紫外線(ML8511)が用意されており(カッコ内は品番)、ジャイロと10軸モーションも開発中だ。

 広く利用されているArduinoやmbedにさまざまなセンサーを接続することが可能となるため、IoT機器の試作や開発に活用できる。各センサーを利用するためのサンプルコードやマニュアル、データシートは同社Webサイトにて公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.