ニュース
» 2016年02月17日 12時55分 UPDATE

3Dプリンタニュース:「さらに3Dプリンタを使いこなしたい人へ」――ワンランク上の造形が可能な「ダヴィンチ 1.0 Pro」登場

XYZプリンティングジャパンは、熱溶融積層方式の3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズの新製品「ダヴィンチ 1.0 Pro」を発表。他社製フィラメントにも対応する他、専用ソフトにより詳細な出力設定が可能となり、これまでにない高い造形品質を実現した。

[八木沢篤,MONOist]

 台湾New Kinpo Group傘下のXYZprintingの日本法人、XYZプリンティングジャパンは2016年2月17日、熱溶融積層方式の3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズの新製品「ダヴィンチ 1.0 Pro」の販売を同年3月1日より開始すると発表した。

 従来のダヴィンチシリーズは、3Dプリンタ初心者を含む、パーソナルユーザーをメインターゲットにしていたが、ダヴィンチ 1.0 Proは“3Dプリンタをさらに使いこなしたい人”に向けた製品となっており、より高品質な造形が行えるという。

ダヴィンチ 1.0 Pro ダヴィンチ 1.0 Proは、シングルヘッド(ノズル直径:0.4mm、フィラメント直径:1.75mm)で最大造形サイズは200×200×200mm、積層ピッチは0.1〜0.4mmまで対応。本体サイズは468×558×510mm、重さは23.5kgである ※画像クリックで拡大

「ダヴィンチ 1.0 Pro」4つの特長

 ダヴィンチ 1.0 Proの主な特長は次の4つである。まず1つ目は、他社製フィラメントの利用が可能になった点だ。これまでのダヴィンチシリーズは、同社から提供されている専用フィラメントのみ対応していたが、ダヴィンチ 1.0 Proでは純正フィラメントに加え、他社製のABS樹脂/PLA樹脂フィラメントが利用できるようになった。

「3D Printing 2016」 「ダヴィンチ 1.0 Pro」専用ソフトウェア「XYZware for Pro」の画面(展示会「3D Printing 2016」にて撮影) ※画面クリックで拡大

 2つ目の特長は、より詳細な出力設定が可能になった点だ。ダヴィンチ 1.0 Pro向けに専用ソフトウェア「XYZware for Pro」を提供。従来のダヴィンチシリーズに付属する専用ソフトウェア「XYZware」では設定できなかった、印刷速度および出力に関する細かなパラメータ調整(例えば、積層ピッチを0.05mm刻みで設定可能)などが行えるようになった。また、キャリブレーション作業も従来よりも利便性が向上し、簡単な操作で行えるという。

 3つ目はWi-Fi機能の搭載である。ここ最近のダヴィンチシリーズにも標準搭載されつつある無線LAN接続が、ダヴィンチ 1.0 Proでも利用可能だ。有線接続することなく印刷が可能で、遠隔から本体の状態を確認したり、タブレット端末などから出力を行ったりすることもできる。

 そして最後が「レーザー刻印」機能だ。これはオプション機能として用意されているもので、別売りの「レーザーモジュール」(販売時期および価格未定、参考:米国では199ドルで販売)を搭載することで、紙や木材、革などの表面にレーザー刻印が行えるようになる。レーザーカッターのように素材を切断できるものではないが、薄い紙などであればカットできるかもしれない。

レーザー刻印 レーザー刻印のサンプル(展示会「3D Printing 2016」にて撮影) ※画面クリックで拡大

造形品質に自信あり!?

 専用ソフトウェアのXYZware for Proにより、かなり細かな出力設定が可能になったダヴィンチ 1.0 Pro。その造形品質は、非常に高いものだという。実際、同社から提供された出力サンプル(積層ピッチ0.1mm)を見てみると、積層の粗さなどが極力抑えられており、表面のざらつきなどもほとんど感じられなかった。

XYZプリンティングジャパン XYZプリンティングジャパンから提供された(セクシーな)造形サンプル(積層ピッチ0.1mm)。非常に滑らかな仕上がり ※画面クリックで拡大

 ダヴィンチ 1.0 Proの販売価格(税込)は9万9800円で、同年3月1日からECサイトや同社Webサイトより販売される。なお、本発表に併せ、本日より先行予約受付キャンペーンを開始。同年2月29日までに予約すると、1万円引きの8万9800円で購入可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.