ニュース
» 2016年02月19日 13時30分 UPDATE

「PCB製造のインターネット化」を推進、ベンダー非依存の実況通信仕様「OML」

メンター・グラフィックスがPCB実装に特化した、ベンダー非依存の実装フロア通信仕様「Open Manufacturing Language(OML)」を発表した。“PCB製造のインターネット化”を促進する。

[MONOist]

 メンター・グラフィックスは2016年2月17日、PCB実装に特化したベンダー非依存の実況通信仕様「Open Manufacturing Language(OML)」を発表した。製造中に発生した各種イベント(製造プロセス処理や部材フロー、テスト結果など)をベンダー非依存にて扱うことが可能となるため、“PCB製造のインターネット化”を促進できるとしている。

 製品モデル情報を含むファイル形式であるODB++と直接の関係は持たないが、ODB++データが実各装置向けの(部材セットアップを含む)マシンプログラムに送られた後、OMLがその部材システムに伝達し、部材のセットアップや検証、使用/消費状況を制御するなど、両者を組み合わせることでの相乗効果を期待できる。

 Open Manufacturing Language(OML)の仕様や詳細はWebサイトにて確認でき、サイトではサポート提供やリビジョン管理も行われる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.