ニュース
» 2016年02月22日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:アフターサービス基幹業務パッケージの販売パートナー契約を締結

クオリカは、横河ソリューションサービスが開発・販売するアフターサービス基幹業務パッケージ「ServAir」の販売パートナー契約を締結した。アフターサービス領域での販路拡大を目指す。

[MONOist]

 クオリカは2016年2月3日、横河ソリューションサービスが開発・販売するアフターサービス基幹業務パッケージ「ServAir(サーブエアー)」の販売パートナー契約を締結したと発表した。

 ServAirは、アフターサービスビジネスに特化した業務システムパッケージ。コールセンターやフィールドサービス、受注・購買・在庫管理などの機能モジュールを備え、必要な機能のみを選択・導入できる。

 今回のパートナー契約により、ServAirとクオリカの遠隔監視・予防保全システム「CareQube」、パーツカタログ・保守マニュアルのドキュメントシステム「CSS-Net」、生産管理システム「ATOMS QUBE」が融合した、生産・販売・サービスまでの一貫したソリューション提供が可能になるという。

 クオリカでは今後、アフターサービス領域の販路を拡大し、同市場において3年間で12億円の売り上げを目指すとしている。

photo 「ServAir」画面イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.