ニュース
» 2016年02月24日 11時19分 UPDATE

2足歩行ロボットがドアを開けて外に、滑る雪原を歩く新世代「Atlas」

米Boston Dynamicsが二足歩行ロボット「Atlas」新バージョンの映像を公開した。「ドアを押して外に出る」「滑る雪原を2足歩行で進む」など、人間に酷似した動きを実現している。

[渡邊宏,MONOist]

 ロボットの研究開発を手掛ける米Boston Dynamicsは2016年2月23日(米国時間)、同社の開発する二足歩行ロボット「Atlas」の新バージョン映像を公開した。屋内外を問わず活動することを目的として開発されており、「ドアを押して外に出る」「滑る雪原を2足歩行で進む」「倉庫で腰をひねりながら荷物を持ち上げる」など、人間に酷似した動きを実現している。

 新型Atlasの動力は電力(モーター)と油圧の双方が用いられており、本体と脚部に設けられたセンサー(頭部にはレーザー距離計とステレオセンサーを搭載)で障害物の認識や地形認識を行う。

 2015年6月に米国で行われた災害救助ロボットの競技会「DARPA Robotics Challenge(RDC)」に出場したモデルよりやや小さい5.9フィート(約180センチ)、180ポンド(約82キロ)とされている。

 映像では屋内および屋外での二足歩行の様子に加え、荷物を持ち上げ腰をひねって棚にのせる、後ろから押されて倒れながらも自分で起き上がるといった様子が2分41秒にわたって紹介されている。

photo 雪道でバランスを崩しても大丈夫
photo ヒトと一緒に散歩
photo 倉庫で荷物を棚に
photo 押されたりしたけれど
photo 私は
photo 元気です

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.