ニュース
» 2016年02月25日 07時00分 UPDATE

FAニュース:多層電子基板絶縁フィルムシートの自動搬送検査システムを発売

リコーインダストリアルソリューションズは、多層電子基板絶縁フィルムシートの搬送・検査・仕分け・積載を自動化したシステム「RICOH TL」シリーズを開発した。

[MONOist]

 リコーインダストリアルソリューションズは2016年2月15日、多層電子基板絶縁フィルムシートの搬送・検査・仕分け・積載を自動化したシステム「RICOH TL」シリーズを発売した。搬送の自動化に加え、欠陥検査や色相/色ムラ検査、サイズ計測機能も搭載している。

 RICOH TLシリーズは、同社がこれまで培ってきた高速印刷機の紙搬送技術を活用。絶縁フィルムシートのさまざまなサイズや厚さに対応し、従来は手作業だった搬送検査の自動化を可能にした。

 また、画像処理部に同社独自の画像処理チップを搭載し、画像の高速取り込みや高速処理に対応した。さらに、カラーCCDを採用。RGBデータを活用し、シート内/ロット内の微妙な色相変化を捉えることができる。シートの色に応じた欠陥検出のRGBプレーンを選択すれば、欠陥検出の精度も向上するという。

 対応シートサイズは250×250mm〜550×650mm、対応厚みは0.04〜0.2mmで、検査・員数・整列のタクトタイムは1シート2秒。絶縁フィルムのほか、機能性フィルム用基材のPETフィルム、TACフィルム、機能性フィルムの反射防止フィルム、偏光フィルム、不織布や紙などにも対応する。

 価格はオープンとなっている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

リコー | FAニュース | 画像処理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.