ニュース
» 2016年02月25日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:マイナンバー制度対応の新人事システムにERPパッケージを導入

ワークスアプリケーションズは、同社のERPパッケージ「COMPANY」シリーズの「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を、日本触媒が新人事システムに採用したと発表した。

[MONOist]

 ワークスアプリケーションズは2016年2月8日、同社のERPパッケージ「COMPANY」シリーズの「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を、日本触媒が新人事システムに採用したと発表した。

 日本触媒では、管理職の人事制度改定に伴い、自社で開発・運用していた人事システムを再考。同年1月に運用を開始したマイナンバー制度へスムーズに対応するため、新システムへのCOMPANY採用を決定した。

 採用に当たっては、同業の化学品メーカーで多数の導入実績があり、蓄積された業界内の最良の事例を活用できること、人事制度改定やマイナンバーへの対応など、各種制度変更に定額保守料の範囲内で対応でき、システム投資コストを削減できることなどを評価した。

 また、化学品業に必要とされる機能を標準で実装するため、従来はシステム外で対応していた目標管理・評価業務も一元管理が可能になった。日本触媒では今後、人材マネジメントを強化することで、事業基盤を強化するとしている。

関連キーワード

人事システム | ERP | 製造IT導入事例


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.