ニュース
» 2016年02月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:生産性が10%向上した高速モジュラーマウンターの受注開始

パナソニック ファクトリーソリューションズは、プリント基板の実装工程で電子部品の実装を行う高速モジュラーマウンター「NPM-DX」の受注を開始した。同社従来品に比べ、生産性が10%向上している。

[MONOist]

 パナソニック ファクトリーソリューションズは2016年2月9日、プリント基板の実装工程で電子部品の実装を行う高速モジュラーマウンター「NPM-DX」の受注を開始したと発表した。同社従来品「NPM-D3」に比べ、生産性が10%向上したという。

 NPM-DXは、機器の剛性を高めたことで、最高タクト18万4800cphの高速実装を可能にしている。チップ部品実装の装着精度は±25μm。長さ45×幅45mm/長さ100×幅40×高さ12mmの部品のほか、オプションで0201(長さ0.25×幅0.125mm)のチップ部品実装にも対応できる。

 また、設備エラー発生時の自動復旧機能を搭載。設備の停止を防ぎ、稼働中に吸着状態などの傾向を自動で分析・対策することで、未然にエラーを防止できる。設備を停止させずに生産データの参照・修正も可能で、これらの機能により、実スループットを最大化した。

 さらに、人の判断が必要なエラー発生時には、設備のリモート操作が可能なため、エラー復旧時間を短縮できる。ナビゲーション機能により、機種切り替え・生産中の部品供給などのオペレーター作業を効率化でき、作業時間短縮と省人化を図り、稼働率を向上できる。

photo 高速モジュラーマウンター「NPM-DX」
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.