ニュース
» 2016年02月26日 13時00分 UPDATE

設計開発ツール:GMがワイヤーハーネス設計を全面刷新、メンターの「Capital」へ

Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)は、同社の電装システム設計ツール「Capital」をGeneral Motors(GM)が採用したと発表した。GMはワイヤーハーネスの設計ツールを全社的に同製品で統一し、新モデルの設計から過去の設計資産まで全てCapitalで取り扱えるようにする。

[齊藤由希,MONOist]

 Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)は2016年2月17日、同社の電装システム設計ツール「Capital」をGeneral Motors(GM)が採用したと発表した。GMはワイヤーハーネスの設計ツールを全社的に同製品で統一し、新モデルの設計から過去の設計資産まで全てCapitalで取り扱えるようにする。

General Motorsは今後の新型車両の電装設計を全てMentor Graphicsの「Capital」で行う General Motorsは今後の新型車両の電装設計を全てMentor Graphicsの「Capital」で行う (クリックして拡大) 出典:Mentor Graphics

 GMは今後の新型車両の電装システムの設計を全てCapitalで行う。また、既存モデルの設計データはCapital用に変換することが可能で、同一のツールで過去の設計資産を活用できるようにする。

 メンター・グラフィックスは「GMは車両開発プロセスの基幹システムの移行作業を進めながら、量産用の設計も予定通り進めている。迅速かつ体系的に展開した良い見本だ」と述べた。

 Capitalは、設計初期から車両への実装、納車後のアフターサービスまで、さまざまな段階と場所で電装システムの図面データを参照できるのが特徴だ。総合的なデータ処理や社内IT環境との互換性に対応することにより、車種のグレードごとの設計や、他モデルの設計の応用、幅広い車種を対象としたアフターサービスが容易になるという。サイクルタイムの短縮やエンジニアリングプロセスの向上、電子機能の効率的な製品化に貢献する。

 今後は、電装システムの設定の複雑な制御や保守サービス文書の自動作成など、Capitalが適用できる分野の拡大を検討していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.