ニュース
» 2016年02月26日 06時00分 UPDATE

ジュネーブモーターショー2016:「エクストレイル」が日本発でプレミアム化、欧州発「キャシュカイ」と競演

日産自動車は、「ジュネーブモーターショー2016」において、クロスオーバーSUV「キャシュカイ」と「エクストレイル」の特別仕様車のコンセプトカーを公開する。両コンセプトカーは、キャシュカイが欧州、エクストレイルが日本でデザインされた。

[朴尚洙,MONOist]

 日産自動車は2016年2月24日、「ジュネーブモーターショー2016」(一般公開日:2016年3月3〜13日)において、クロスオーバーSUV「キャシュカイ」と「エクストレイル」の特別仕様車のコンセプトカーとして、「キャシュカイ プレミアム コンセプト」と「エクストレイル プレミアム コンセプト」公開すると発表した。

「エクストレイル プレミアム コンセプト」(右)と「キャシュカイ プレミアム コンセプト」(左) 「エクストレイル プレミアム コンセプト」(右)と「キャシュカイ プレミアム コンセプト」(左)(クリックで拡大) 出典:日産自動車
日本の日産グローバルデザインセンターがデザインした「エクストレイル プレミアム コンセプト」「キャシュカイ プレミアム コンセプト」はロンドンにある日産デザインヨーロッパでデザインされた 日本の日産グローバルデザインセンターがデザインした「エクストレイル プレミアム コンセプト」(左)。一方の「キャシュカイ プレミアム コンセプト」はロンドンにある日産デザインヨーロッパでデザインされた(右)(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 同社の中型クロスオーバーSUVは、北米/日本市場ではエクストレイル(北米では「ローグ」)、欧州市場ではキャシュカイが中核となっている。北米/日本市場ではキャシュカイは販売されていないが、欧州市場ではエクストレイルも併売されている。

 そういった背景もあり、キャシュカイ プレミアム コンセプトはロンドンにある日産デザインヨーロッパが、エクストレイル プレミアム コンセプトは日本の日産グローバルデザインセンターでデザインした。デザインテーマや使用するカラー、マテリアルに共通性を持たせながら、「顧客の多様化に対応し、ターゲット市場を拡大したいという日産の強い思いを表現した」(日産自動車)という。

 キャシュカイ プレミアム コンセプトは、ジュネーブやパリ、ローマなどの欧州主要都市で、文化的名所を巡り週末を楽しむ「都会志向のプレミアムカスタマー」を対象としたデザインになっている。プレミアムゴールデンコッパーによるホイールアーチやウィンドウライン、ヘッドランプ内やルーフレールといったボディパーツの装飾がアクセントとなり、メインカラーのマットブラックとのコントラストが、エクステリアのダイナミックなシルエットを際立たせている。ボディ下部に使用されているカーボンファイバーや、20インチホイールの技巧的な装飾がダイナミックな外観をさらに強調し、バンパーとサイドシルは、スポーティーであると同時に高級感を感じさせる効果をもたらしている。

 一方、エクストレイル プレミアム コンセプトは、アルプスやピレネー山脈でアクティブな週末を過ごす「冒険家のプレミアムカスタマー」をターゲットにしている。キャシュカイ プレミアム コンセプトとは対照的にマットホワイトをメインカラーとし、ボンネットやルーフにはマットブラックのカーボンファイバーを採用した。光沢のあるブラックカラーに塗られたボディクラッディングやフェンダーカバーが「他のアウトドア向けクロスオーバーにはない、洗練された魅力を与えている」(同社)としている。

 同社が、キャシュカイとエクストレイルにプレミアムコンセプトカーを開発した背景には、クロスオーバーSUVの市場におけるパーソナライゼーションの新たな可能性の探求がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.