ニュース
» 2016年03月04日 11時56分 UPDATE

300メートル先のドローンを音で検知、カメラ内蔵の一体型検知システム

パナソニック システムネットワークスは、300メートル先から飛来するドローンを「音」で検知できるドローン検知システムを開発した。カメラも内蔵した持ち運べる一体型で、イベント時などにも利用できる。

[渡邊宏,MONOist]
「ドローン検知システム」 「ドローン検知システム」

 パナソニック システムネットワークスは300メートル先から飛来するドローンの飛行音を検知できるドローン検知システムを開発、2016年3月7日より受注を開始する。搭載しているカメラによって映像での確認も行え、可搬型であることからイベント警備などにも利用できる。

 既存製品では16個の無指向性マイクで構成していたマイクアレイを改良、マイクの個数を倍の32個に増やし、加えて、制御ソフトの見直しにより300メートル先のドローン飛行音を検知可能とした(発生音量レベルが距離メートルにおいて85dBSPL以上、環境音レベル46dB時)。音によるドローン検知システムは既に複数存在しているが、300メートルという距離は「音による検知としては最高クラス(同社)」だという。

 集音マイクの中央部には全方位カメラが搭載されており、音による検知と映像による記録を1台で行えため、常設はもちろん、イベントなどでの一時利用にも適する。設置場所の環境音を視覚的に表示する「ヒートマップ」機能も用意されており、早期の発見を可能としている。

 本体には別途、光学ズームレンズやパン/チルト/旋回機構を備える監視カメラシステムを組み合わせることが可能で、組み合わせ時には集音マイクで補足したドローンの映像を、モニタで確認しながら追尾し、拡大して表示することも可能となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.