ニュース
» 2016年03月07日 12時15分 UPDATE

FAニュース:NECと三菱電機がFA分野のIoTで連携、2016年4月から新サービスを提供

NECと三菱電機は2016年3月7日、FA分野におけるIoT活用について連携すると発表した。NECは各種データの収集・加工・蓄積などを行うIoTプラットフォームや、ソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供。三菱電機はこれらを活用し、レーザー加工機の稼働状況のリアルタイムでの確認や遠隔診断を可能とするリモートサービス「iQ Care Remote4U」を同年4月より提供する。

[陰山遼将,MONOist]

 NECと三菱電機は2016年3月7日、FA(ファクトリーオートメーション)分野におけるIoT(Internet of Things)活用で連携すると発表した。NECは各種データの収集・加工・蓄積などを行うIoTプラットフォームや、ソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供。三菱電機はこれらを活用し、レーザー加工機の稼働状況のリアルタイム監視や遠隔診断が行えるリモートサービス「iQ Care Remote4U」を同年4月より提供する。

 2011年に三菱電機のFA統合ソリューションである「e-F@ctory」のアライアンスパートナーにNECが加入するなど、両社は従来よりFA分野での連携を進めてきた。今回さらに連携を深め、FA分野におけるIoTの活用を推進していく。

 提供するiQ Care Remote4Uは三菱電機が納入したレーザー加工機の状態や加工実績、電力・ガス消費量などの情報を、NECのIoTプラットフォームに送信・蓄積し見える化する。ユーザー側はPCやスマートフォンなどからリアルタイムにレーザー加工機の障害やその予兆、加工予測時間などを確認することが可能になるという。

rk_160303_nec01.jpg iQ Care Remote4Uのイメージ 出典:三菱電機

 さらに三菱電機の保守員がサービスセンターに加え、セキュリティ性能の高さを特徴とするNECのソフトウェアVPNサービスを活用し、外出先からでもレーザー加工機に接続することで、ユーザーに対して機器の状態診断や予防保全情報も提供する。また、必要に応じてソフトウェアのバージョンアップや加工条件の変更なども遠隔から実施できるとしている。

 両社は今回発表したレーザー加工機に加え、放電加工機のリモートサービスについても2016年度中に提供を開始する計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.