ニュース
» 2016年03月07日 15時21分 UPDATE

「音楽聞いてる?」「認証してる」:自然な動作で耳穴生体認証、NECが開発

NECが耳の反響特性を利用した生体認証技術を開発した。音楽を聞くような動作での認証が可能で、作業や移動中の認証も行える。

[渡邊宏,MONOist]

 NECは2016年3月7日、長岡科学技術大学の協力により、耳穴形状による音の反響を利用した生体認証(個人認証)技術を開発したと発表した。同社では2018年度中の実用化を目指す。

 本技術はカナル型(耳栓型)のマイク一体型イヤフォンを用い、スピーカーから数100ミリ秒の音響信号を出力、耳の中を反響した信号をマイクで受信する。耳の形状やサイズは人それぞれで異なるため、響き方(音響特性)もそれぞれ異なり、同社では99%以上の確率での認証を行えるとしている。認証時間も1秒程度と高速だ。

音響特定の測定イメージ個人によって異なる耳穴の音響特性 音響特定の測定イメージ(図=左)、個人によって異なる耳穴の音響特性(図=右)

 認証に際しては、鼓膜で反射する信号と鼓膜と通過してさらに奥から帰ってくる信号に対応する周波数を含む、少数の特徴量を抽出する。音楽を聞くような自然な動作で個人認証が常時可能であり、作業や移動をしながらの認証が可能であることから、作業員のなりすまし防止や通信通話の内容保持、特定相手への音声ガイドサービスなどへの利用を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.