ニュース
» 2016年03月08日 06時00分 UPDATE

車両デザイン:スバルの新プラットフォームは日本車価格で欧州車の走りを超える (1/2)

富士重工業は2025年までに採用する次世代プラットフォームの概要を公開した。“動的質感”と安全性能を向上して「スバル史上最高レベルの総合性能進化」(富士重工業)を実現した。

[齊藤由希,MONOist]

 富士重工業は2016年3月7日、2025年までに軽自動車と小型スポーツカー「BRZ」を除く全てのモデルに採用する次世代プラットフォームの概要を公開した。この「スバル グローバル プラットフォーム」は、2020年を最終年度とする中期経営ビジョン「際立とう2020」で掲げたブランド力向上の一環となる取り組み。“動的質感”と安全性能を向上して「スバル史上最高レベルの総合性能進化」(富士重工業)を実現した。

2025年までに軽自動車と「BRZ」を除く全てのモデルに採用する次世代プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」 2025年までに軽自動車と「BRZ」を除く全てのモデルに採用する次世代プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」 (クリックして拡大) 出典:富士重工業

 同社は現状も1つのプラットフォームで軽自動車とBRZを除く全てのモデルを生産している。スバル グローバル プラットフォームは2016年に全面改良するインプレッサで採用、その他のモデルでも全面改良のタイミングで順次適用していく。2025年までをターゲットとするのは、中期経営ビジョンの最終年度以降も見据えたためだという。

上横 次世代プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」の俯瞰(左)とサイド(右) (クリックして拡大) 出典:富士重工業

 また、「際立とう2020」の中では、スバル グローバル プラットフォームの他にも水平対向エンジン、「シンメトリカルAWD」「アイサイト」を基盤技術として掲げる。総合性能、安全、環境対応、デザイン、品質やサービス、顧客との関係づくりなど6分野を強化することにより、「安心と愉しさ」(同社)で際立つブランドを作り上げる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.