ニュース
» 2016年03月08日 19時21分 UPDATE

PepperがAzureで接客を「学習」、来店者の個人情報はどうなる (1/2)

ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが、PepperとMicrosoft Azureを活用したリテールソリューションについて協業した。第1弾として、Pepperと大画面PC「Surface Hub」、Microsoft Azureを組み合わせた店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を2016年秋に販売開始する。

[渡邊宏,MONOist]
ソフトバンクロボティクス 代表取締役社長 冨澤文秀氏と日本マイクロソフト 代表執行役 平野拓也氏 ソフトバンクロボティクス 代表取締役社長 冨澤文秀氏と日本マイクロソフト 代表執行役 平野拓也氏

 ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトは2016年3月8日、PepperとMicrosoft Azureを活用したリテールソリューションについての協業を発表した。第1弾として、Pepperと大画面PC「Surface Hub」、Microsoft Azureを組み合わせた店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を2016年秋に販売開始する。価格や提供形態は未定。

 労働人口減やEコマースの台頭もあって、小売り店舗を取り巻く環境は厳しさを増している。「未来の商品棚(仮称)」では店頭にPepperとSurface Hubを設置、Microsoft Azureを両者と組み合わせることで、来客の行動分析やロボットによる接客、Surface Hubへのレコメンド商品表示、売り上げ分析、仕入れアシストなどを提供する。

 今後はMicrosoft Translatorによる翻訳機能(多言語対応)をPepperを通じて提供したり、マイクロソフトのパーソナルアシスタント「Cortana」を利用しての接客も検討する。

「未来の商品棚(仮称)」 「未来の商品棚(仮称)」
「未来の商品棚(仮称)」で提供するサービスの例 「未来の商品棚(仮称)」で提供するサービスの例。データ可視化ツール「Power BI」を利用した売り上げ分析も提供する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.