ニュース
» 2016年03月09日 06時00分 UPDATE

車両デザイン:BMWの次の100年に向けたコンセプトカー、変形機能でCd値0.18を達成

BMWは2016年3月7日、同社の創業100周年記念イベント「THE NEXT 100 YEARS」を開催。次の100年に向けたコンセプトカー「BMW VISION NEXT 100」を披露した。単なる輸送のための機械ではなく、ドライバーの求めに従って、あつらえたかのようにさまざまな機能をカスタマイズできることを特徴としている。

[朴尚洙,MONOist]

 BMWは2016年3月7日(欧州時間)、同社の創業100周年記念イベント「THE NEXT 100 YEARS」を開催し、次の100年に向けたコンセプトカー「BMW VISION NEXT 100」を披露した。

「BMW VISION NEXT 100」とBMW会長のハラルド・クルーガー氏 「BMW VISION NEXT 100」とBMW会長のハラルド・クルーガー氏(クリックで拡大) 出典:BMW
「BMW VISION NEXT 100」の外観「BMW VISION NEXT 100」の外観「BMW VISION NEXT 100」の外観 「BMW VISION NEXT 100」の外観。(クリックで拡大) 出典:BMW
「BMW VISION NEXT 100」の内装「BMW VISION NEXT 100」の内装「BMW VISION NEXT 100」の内装 「BMW VISION NEXT 100」の内装(クリックで拡大) 出典:BMW

 BMW VISION NEXT 100は、クーペのようなスポーティーさとセダンのダイナミックな華麗さを融合した外観となっている。4.9mの全長に対して全高は1.37mと低い。単なる輸送のための機械ではなく、ドライバーの求めに従って、あつらえたかのようにさまざまな機能をカスタマイズできることを特徴としている。

 走行モードはBoostとEaseの2つが用意されている。Boostモードは、ドライバーが主、「Companion」と呼ぶ学習機能付き自動運転機能が従という役割分担になっており、運転席はドライバーが運転する際の理想的な姿勢に適した構成になる。一方Easeモードは、Companionによる自動運転モードであり、ドライバーは基本的に運転操作を行わない。ステアリングはセンターコンソールに変形/収納され、運転席はドアトリムと一体化し、助手席の乗員と語らうことができるようになる。

Boostモード(左)とEaseモード(右)のシート配置 Boostモード(左)とEaseモード(右)のシート配置(クリックで拡大) 出典:BMW
BoostモードからEaseモードに移行する際にステアリングはセンターコンソールに変形/収納されるBoostモードからEaseモードに移行する際にステアリングはセンターコンソールに変形/収納されるBoostモードからEaseモードに移行する際にステアリングはセンターコンソールに変形/収納される BoostモードからEaseモードに移行する際にステアリングはセンターコンソールに変形/収納される(クリックで拡大) 出典:BMW

 また2つのモードの違いは車両の外観から明確に分かるにようになっている。BMW車の特徴であるキドニーグリルや、2個の円形形状が印象的なヘッドランプ、L字形状のリアランプなどによって伝えられるという。

 車両がドライバーをはじめとする乗員にさまざまな情報を伝えるための機能が「Alive Geometry」だ。インストルメントパネル/サイドパネル上に設置された、約800個の小さな三角形形状が鳥の群れのように動いて、車両の周辺の状態や理想的な走行ラインなどのさまざまな情報を伝える。ヘッドアップディスプレイはフロントガラス全面を使っての表示が可能で、Alive Geometryと連動した情報伝達を行える。

Boostモードで運転中の状態 Boostモードで運転中の状態。インストルメントパネル/サイドパネル上にある赤色の三角形形状が「Alive Geometry」。ヘッドアップディスプレイはフロントガラス全面を使って表示している(クリックで拡大) 出典:BMW

 Alive Geometryはホイールカバー周辺の外装パーツにも用意されている。Boostモードのようにドライバー自身が運転する際に、Alive Geometryで構成される外装パーツが柔軟な肌のように変形して空力性能を高められる。空気抵抗係数(Cd値)は0.18まで低減できるとしている。

ホイールカバー周辺の「Alive Geometry」による変形の様子ホイールカバー周辺の「Alive Geometry」による変形の様子ホイールカバー周辺の「Alive Geometry」による変形の様子 ホイールカバー周辺の「Alive Geometry」による変形の様子(クリックで拡大) 出典:BMW

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.