連載
» 2016年03月10日 00時00分 UPDATE

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(8):周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す (1/6)

FPGA開発において周辺機器(回路)は見落とせない要素の1つ。タッチパネルや各種出入力などを備えた「MAX 10 NEEK」を導入して、本格的な開発を目指す。

[大原 雄介,MONOist]
「MAX 10 NEEK」のパッケージ Photo01:「MAX 10 NEEK」のパッケージ。パッケージサイズは285mm×186mm×88mm(実測値)とやや大きめ

 アルテラの開発ボード「MAX 10 FPGA」でソフトコアCPUを構築し、ベンチマークのDhrystoneも動いた。ではいよいよCPUとFPGAに周辺回路を組み合わせて、I/Oのハンドリングを試してみる事にしよう……と思っていた矢先、アルテラから「よければMAX 10 NEEKを使ってみませんか?」という申し出を頂いた。

・連載:MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門

 この「MAX 10 NEEK」は台湾Terasicが製造し、アルテラも販売するMAX 10評価ボードの1つだが、なにしろ周辺回路がてんこ盛りなのが特徴。5タッチセンサー付きLCDモニター(800×480Pixel)、カメラ、オーディオ入出力、温度/湿度/照度/加速度センサー、パワーモニター、ADC入力/DAC出力、スイッチ/ポテンショメータ/LED/7セグLEDなど搭載されており、DDR3メモリ(合計256KB)、512Mbit Flash、MicroSDカードなども搭載されている。おまけにギガビットイーサネットやUART to USB、PS/2キーボード・マウスなどのインタフェース、更にTMD(Terasic Mini Digital)拡張コネクタも用意され、USB Blaster IIまで実装されているから、本当にUSBケーブルをつなぐだけで開発が行えるという優れものである。

 難点はお値段で、Terasicの直販では$359、販売代理店経由だと、例えばMOUSER Electronicsだと\47,185.9と表示されている。昨今の円高を考えるとUSDで決済したほうが多分安いとは思うのだが、それにしても$359はちょっとお高めということで当初は見送った開発キットである。

 ただし念のために言っておけば、これまで使ってきた「MAX 10 Evaluation Kit」は本当にMAX 10に習熟するためのトレーニングキットであって、これを本格的な開発に使うのはちょっと無理がある。一方、MAX 10 NEEKはもう製品開発を指向したものであって、最終製品に近いレベルのプロトタイプまで作れる。これが$359というのは相場で考えてもかなりお安い部類に入る。まぁそうは言っても遊びで入手するのにはちょっと、二の足を踏んでいたのだが、使わせて頂けるならこれ幸いと1台手配していただいた。

「MAX 10 NEEK」

 さてMAX 10 NEEKはちょっと大きめの箱で届いた(Photo01)。内部はMAX 10 NEEK本体と付属品のみであり、ソフトウェア類はTerasicのサイトからダウンロードする形になっている(Photo02)。LCDの裏には基板が実装されている(Photo03)が、細かなチップの説明はMAX 10 NEEKの紹介ページ写真に詳しいので割愛する。

MAX 10 NEEK Photo02:さすがにUSB給電では足りないようで、5V/3A出力のACアダプターが付属する。他にUSB Blaster IIと接続用のUSBケーブル、Quick Stard Guide、それとここには見えていない(NEEK本体に既に装着されている)MicroSDカードが付属する
MAX 10 NEEOの基板 Photo03:基板を写真と比べると、若干の仕様変更(MIPI I/Fの端子がなくなり、LCDコネクタ下の穴のサイズが小さくなり、Lineae Technologyのロゴが入った)が見られる。アクリルカバー付き
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け