ニュース
» 2016年03月11日 14時00分 UPDATE

ニューヨークモーターショー2016:コンセプトじゃない新型「インプレッサ」、新プラットフォームとともに登場

富士重工業は、「ニューヨークオートショー2016」において、主力車種「インプレッサ」の新モデル(米国仕様)を初公開する。2016年内に発売する予定で、モデルチェンジは2011年12月に発売した4代目以来約5年ぶりとなる。

[朴尚洙,MONOist]

 富士重工業は2016年3月10日、「ニューヨークオートショー2016」(一般公開日:3月25日〜4月3日)において、主力車種「インプレッサ」の新モデル(米国仕様)を初公開すると発表した。2016年内に発売する予定で、モデルチェンジは2011年12月に発売した4代目以来約5年ぶりとなる。

新型「インプレッサ」のフロントフェイス「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」のフロントフェイス 新型「インプレッサ」(左)とコンセプトカーである「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」(右)のフロントフェイスの比較(クリックで拡大) 出典:富士重工業

 新型インプレッサは、同社の中期経営ビジョン「際立とう2020」で次世代モデルの第1弾として位置付けられている戦略車である。軽自動車と小型スポーツカー「BRZ」を除く全てのモデルに採用する次世代プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」の採用により、「スバル史上最高レベルの総合性能進化」(同社)が可能になった。

 新型インプレッサについては、2015年10月の「東京モーターショー2015」で5ドアハッチバックの「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」、2015年11月の「ロサンゼルスオートショー2015」でセダンの「IMPREZA SEDAN CONCEPT」という2台のコンセプトカーが公開されている。インプレッサから派生した小型SUVである「XV」のコンセプトカー「SUBARU XV CONCEPT」は、2016年3月の「ジュネーブモーターショー2016」で公開されたばかりだ。

「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」の外観「IMPREZA SEDAN CONCEPT」の外観「SUBARU XV CONCEPT」の外観 「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT」(左)「IMPREZA SEDAN CONCEPT」(中央)「SUBARU XV CONCEPT」(右)の外観(クリックで拡大) 出典:富士重工業

 今回の新型インプレッサは、コンセプトカーではなく量産モデルとなる。現在公開されているフロントフェイスは、ヘキサゴングリルからホークアイヘッドランプまでを一体感を持って立体的に構築しており、コンセプトカーのデザインテーマである「ダイナミック&ソリッド」を引き継いでいることが分かる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.