ニュース
» 2016年03月15日 12時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:XYZ、無償の初心者向け3Dモデラー「XYZmaker」β版を提供開始

豊富な基本形状で簡単にモデリングができ、動作も軽快な無償3Dモデラーを提供開始した。

[小林由美,MONOist]

 台湾New Kinpo Group傘下のXYZprintingの日本法人であるXYZプリンティングジャパンは2016年3月15日、初心者向け3Dモデリングソフト「XYZmaker(XYZ メーカー)」のβ版を発表した。同ソフトはユーザー登録の上、同社サイトから無償ダウンロードして利用することが可能だ。

 XYZmakerは初めて3Dモデリングや3Dプリントを行うユーザー向けに、簡単で使いやすいように開発された入門用3Dモデリングソフトだという。円形や球などの基本形状のパーツを豊富にそろえており、それらを組み合わせることで3Dモデルが簡単に作成可能だ。

 またシンプルな機能だけを実装し、ユーザーが覚えるべき項目を極力減らしたとしている。

yk_xyzmaker_01.jpg XYZmakerの画面

 保存・読み込み可能とするデータ形式はSTL、AMF、OBJ、PLY。同ソフトで作成した3Dデータはグループに分類して保存でき、データ管理・編集がしやすいという。

 同ソフト使用時のハードウェア/ソフトウェアの最小要件は下記の通りだ。

  • インテル Core i3プロセッサーまたは同程度の CPU(1.5GHz 以上):インテル Core i5プロセッサー以上を推奨
  • 4GB以上のメモリ
  • 1GB以上のディスク領域:インストール時に必要
  • OS:Windows 7、8、8.1
  • OpenGL:2.1以降のバージョン(ディスプレイカードのメーカーが提供するもの)
  • .NET Framework:4.0以降のバージョン

 必要なディスク領域などのリソースを少なくすることで、軽快な動作で使いやすくしたとのことだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.