特集
» 2016年03月16日 10時00分 UPDATE

CAD読み物:プレゼンテーション作成と3Dデータ

昔は面倒でしたが、今は簡単にできますね。

[CAD Japan.com/MONOist]
photo

本記事は、CADを快適な環境で使ってもらうソリューション専門街「CADJapan.com」から転載しています。


 「当時このツールに出会えていたら……」と開発・設計・金型加工とほぼ全ての工程で3Dデータを活用していた企業の設計部に所属していた私がしみじみ思ったソリューションがあります。それは「プレゼンテーションで3Dデータを活用する」ソリューションです。

 もちろん(筆者:大塚商会 H.T氏の)前職の業務でもプレゼンテーションにて3Dデータを活用していました。しかしPowerPointを活用したプレゼンテーションとなると3Dデータの“デザイン”や“動き”を表現する方法は以下の方法が精いっぱいでした。

  • 3Dデータの画像を大量にキャプチャーしコマ送りにより動きを疑似表現
  • PowerPointのアニメーション機能で3Dデータの動きを疑似表現
  • 3D CAD画面をキャプチャーしビデオを生成する

 しまいにはワークステーションを持ち込み3D CADで見せる。どれも非効率な上に表現力も不十分でした。

 他の方法として、外注業者に依頼しアニメーションやレンダリング画像を作成してもらうという取り組みも行っていました。しかし数十万円単位の費用と、打ち合わせや修正工数などで多大な経費を費やしていました。

 このように、正直、当時は3Dデータを有効活用したプレゼンテーションが十分に行えていませんでした。

 しかし今は時代が違います。「専門的な知識がなくても」「3D CADのスキルがなくても」「通常の業務用PCでも」3Dデータを活用した非常に表現豊かなコンテンツが作成可能です。もちろんPowerPointに組み込み、従来のプレゼンテーションデータとの連携や、3Dデータならではのインタラクティブな操作も可能です。

 投資金額については、業務の効率化や外注費削減、仕事の受注アップなどを考えますと、多くの場合は容易にペイできると思われます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.