ニュース
» 2016年03月16日 17時31分 UPDATE

テラモーターズがドローン測量の新会社「計測時間を10分の1、コストを5分の1」に

電動バイクの開発販売を手掛けるテラモーターズが、産業用ドローンによる土木測量サービスを提供する新会社「テラドローン」を設立した。±5センチの高精度と「計測時間を10分の1、コストを5分の1に低減」をアピールする。

[渡邊宏,MONOist]
テラドローン 「テラドローン」

 電動バイクの開発販売を手掛けるテラモーターズは2016年3月16日、産業用ドローンによる土木測量サービスを提供する新会社「テラドローン」の設立を発表した。同年3月末より事業を開始する。代表はテラモーターズ代表取締役社長の徳重徹氏が務め、事業所は東京都、山形県、宮城県、兵庫県に設ける。

 既に100件以上のドローン測量を実施した実績を持つリカノスから事業譲渡を受けてのもので、従来方式に比べ「土木測量の計測時間を10分の1、コストを5分の1に低減」をアピールする。同社が特徴として挙げるのは測量精度の高さで、提供する手法では±5センチ精度での測量が可能であるという。

 利用するドローンについて「基本的には自社開発」(徳重氏)とするが、利用者の要求要件はさまざまであり、また、長期的にみればハードウェアはコモディティ化するとの考えから自社製造にこだわらない姿勢を示す。「基本的にはサービスを提供するサービスカンパニーだが、要望に応じる一環としてハードウェアも手掛ける」(徳重氏)

従来手法に比べ「計測時間を10分の1、コストを5分の1に低減」をアピール 従来手法に比べ「計測時間を10分の1、コストを5分の1に低減」をアピール
テラドローンの掲げる中長期戦略 テラドローンの掲げる中長期戦略

 価格について徳重氏は「1回70〜100万円」と語る。既に同種サービスを提供する企業もあり、また、今後は建設業や建設コンサルタント業も同様のサービスを提供する可能性があり、ライバルは多くなることが予想されるが、徳重氏は「既に100以上の事例を持つ企業は多くないはずだし、測量精度はライバルに勝る」と自信を見せる。

 同社は2010年に創業、現在はインド/ベトナム/バングラデシュに工場を構え年間3万台のベースにてEV(2輪及び3輪)を販売しており、ドローン事業についてはEVに次ぐ成長戦略の柱、「空のEV」として推進する。

 ドローン事業について同社では電気車両の開発ノウハウを生かし、航続時間の長いドローンの開発を進める他、橋梁などインフラの点検・維持管理業務にも参入する考え。また、当面は日本国内での事業展開となるが、将来的にはアジア各国での事業展開も行う予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.