ニュース
» 2016年03月22日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:IoTデバイスの運用・管理を容易にするプラットフォームを開発

富士通研究所と富士通研究開発中心は、さまざまなIoTデバイスの運用管理を容易にする、ソフトウェアプラットフォームを開発したと発表した。

[MONOist]

 富士通研究所と富士通研究開発中心は2016年3月10日、さまざまなIoT(モノのインターネット)デバイスの運用・管理を容易にする、ソフトウェアプラットフォームを開発したと発表した。

 今回開発されたプラットフォームは、多種多様なセンサーやデバイス、ゲートウェイ機器の動作状態およびネットワークの状態を一元管理し、安定的な運用を可能にするもの。主に、ゲートウェイ機器上で動作し、ゲートウェイ機器とIoTデバイス間は、アダプターを介してWi-Fi/Bluetoothなどの近距離無線で接続される。

 同プラットフォームでは、各IoTデバイスやネットワーク機器などの監視情報を一元管理するための共通APIを規定。この共通APIとIoTデバイスとのインタフェースの差異をプラグイン形式で吸収する機能を備えた。また、APIから取得する情報をデータベースに集約し、障害分析APIによりトラブル分析を可能とするIoTフロント情報管理機能を実装している。これらの機能により、IoTデバイスやネットワークの遠隔監視、障害分析ツールの開発が容易になるという。

 両社では今後、2016年度末の製品化を目指す。また、同プラットフォームに実装した共通APIの国際標準化を進め、IoTサービスの運用・管理を容易にするためのエコシステム形成に取り組むとしている。

photo 開発されたソフトウェアプラットフォーム
photo 無線通信にBluetooth/Wi-Fiを使った場合のアダプター処理の例

関連キーワード

IoT | 富士通研究所 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.