ニュース
» 2016年03月22日 14時33分 UPDATE

「3つのテーマ」で強化された「MATLAB/Simulink 2016a」

MathWorks Japanがモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2016a」を発表した。新ツールの搭載などで「シンプル」「完全」「高速」を推進している。

[渡邊宏,MONOist]

 MathWorks Japanは2016年3月22日、同社モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新版「Release 2016a」を発表した。新たにMATLABコーディングと実行、テストをインタラクティブに表示・実行できる「MATLAB Live Editor」と、MATLABアプリの統合開発環境「App Designer」が含まれた他、Simulinkのモデル開発やシミュレーションを高速化するさまざまな機能が追加された。

「MATLAB Live Editor」 MATLAB 2016aに含まれる「MATLAB Live Editor」。コードと処理された結果が同時表示され、その履歴を確認することも容易となっている

 MATLABではコード生成時、既存バージョンでは数式やコマンドを入力すると別ウィンドウが開いていたが、Live Editorの搭載によって1ウインド(開発環境)での同時進行が可能となり、トライ&エラーや履歴の確認が必要となる開発に対して有効となった。App DesignerはMATLABアプリ構築用の統合環境であり、生成されるコードはオブジェクト指向であるためにさまざまな用途間でのデータ共有も容易だ。ツールボックスには、 画像分類タスクによく使用されるCNNをGPUで利用できる「Neural Network Toolbox」も含まれている。

 Simulinkは新機能の追加はもちろんの事、過去作業のツリー表示やブロックや信号線をクリックすると編集アクションを起動できる「単一選択アクション」の追加、回転数や速度といった物理系単位をモデルに適用できるなど、「シンプル」(機能操作の単純化、統合化)、「完全」(アルゴリズム、ライブラリ、UIの強化)、「高速」(計算パフォーマンスの強化、手数の削減、自動化)と3つのテーマを掲げた強化が行われている。

 物理モデリング(シミュレーション)ツール「Simscape」シリーズについても、内部処理変更による処理速度向上やモデルの再コンパイルなしにパラメーターを変更できる「ランタイムパラメーター」などが実装され、作業の高速化に貢献する改良が行われている。なお、油圧モデルの「Simscape hydraulics」は温度変化による特性変化にも対応する流体モデリングツール「Simcape Fluids」となり、利用範囲が拡大されている。

 その他に新バージョンには、CコードのS-Function自動テスト生成ツール「Simulink Design Verifier」やリアルタイムテストのオーサリングツールの「Simulink Test」、コードベースの静的解析環境である「Polyspace Code Prover」などといった検証・妥当性確認ツールなども含まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.