Special
» 2016年03月23日 10時00分 UPDATE

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(9):「常に先駆者」のCerevoに息づく日本のモノづくり

「グローバルニッチ」というスローガンを掲げ、今や社員約80人にまで成長したCerevo。一般に多く受け入れられる製品とは対極にある、ニッチなニーズに応える製品のみを作る。Cerevoの企画やエンジニアのマインド、強さとしなやかさは、どこからくるのだろうか。「常に最初の一歩」を踏み出し続けるCerevo流モノづくりの源泉を探る。

[PR/MONOist]
PR

 モノづくりを支援するプロトラブズが、日本の未来を担うクリエイティブなモノづくりを追う連載「モノだけじゃない! 日本のモノづくり」。今回、プロトラブズ社長のトーマス・パン氏が対談したのは、ニッチなモノづくりで話題を呼んでいるCerevoの取締役CTO松本健一氏。製品企画やモノづくりに対する考えを中心に、Cerevo流モノづくりの源泉を探った。

photo プロトラブズ社長のトーマス・パン氏(左)とCerevoの取締役CTO松本健一氏(右)

どれだけ売れるかより、ニッチなニーズがあるかどうかで決める

(以下、敬称略)

パン Cerevoのスローガンである「グローバルニッチ」というのは、どのようなアプローチなのですか。

photo

松本 何を作るべきかという考え方はいろいろあると思います。一つは、企業側が「これだ!」と思うものを作る。そこに集中していくというアプローチはすごく正しいと思います。Cerevoはそれとは逆で、思考実験を基に複数の製品を作っていくことで成立する製品かどうかにはある程度確率があるだろうという仮説に基づいています。仮に10%の確率ならば、100製品を出せば10製品は成功するだろうというのが、われわれの考え方です。ニッチだけれど、確実にニーズがあるところに対して商品を投入し、それを繰り返す。特に家電は、まだまだニッチなニーズがあると考えているので、その小さな穴をどんどん埋めていくのがわれわれのグローバルニッチというアプローチです。

パン 商品化のチョイスは無尽蔵にあるということですよね。その中で何を作るかは、どうやって決めるのですか。

松本 例えば、製品ごとに売れた台数と利益を見て、似たものを作ればまた同じように売り上げが上がるという考え方は全くしません。本当にそういうニーズが存在するか、しないか、1かゼロかという議論はよくしますが、そのニーズが1か100か、あるいは1000なのかという議論はあまりしないですね。むしろ意識的に考えないようにしています。

 また、性別とか、国籍とか、特定のカテゴリーの人にだけしか使えないものは作りません。誰でも使える、誰でも楽しんでいただけるというのは、一つの判断の軸にしています。例えば妊婦さん向けといったものは、われわれは作りません。

パン 明確なマーケットがあると分かっているものは、Cerevoじゃないということですね。ニッチだけれどニーズは存在する。でもCerevoしか作っていないから、欲しい人が集まってくる。ということは、100%ビジネスになりますね。

松本 基本的にはそう思っていますが、実際にはニーズが100ではなく、10や5ということもあります。でも、そういうものが生まれるのも仕方がないと思っています。ただし作る側としては、1000台しか売れなくても、ある程度の利益率を確保できるように考えているのも事実です。生産コストを抑えるとか、試作も含めて開発期間をより短くして、商品をより数多く投入できるようにするとか。

 これまで一般的な家電の売れ方と比べて大ホームランとなった製品はありませんが、ニッチな世界で面白いのは、空振りがないことですね。売れ方の程度に差はありますが、誰かが必要としてくれると感じています。

パン では、Cerevoの競合というのはあるのですか。

松本 競合という考え方は、そもそもほとんどないですね。「競合がいる=ニッチではない」と思っています。他にグローバルニッチな製品を作る会社があったとしても、この考え方でやっているかぎり、おそらくガッツリかぶることはなくて、ちょっとかするくらいでしょうし、もしかすったときは、多分どちらかの会社が撤退すると思います。このビジネスモデルでは、「かぶる、かする=失敗」ということですから。

1970〜80年代のモノづくりのノウハウは日本の強み

photo

パン ニッチで特徴的なモノづくりをするのに必要なこととは何でしょうか。

松本 少人数で作ることですね。コンセプトを固めるのも、今はほとんど代表(岩佐琢磨氏)一人でやっていますし、作る時も、大人数だと少しずつ仕様が丸まって、無難なものになってしまいます。エンジニアが「この製品は自分が作った、自分の子どもだ」と明確に言えるような体制や作り方をしていきたいと考えています。それが尖った特徴のある製品になっていくのだと思います。

 少人数、短期間、少量など、スキームやスローガンはありますが、それに対するアプローチは、エンジニアがそれぞれ考えるべきだと思っています。前職を持っている人が多いので、日本で何十年もやってきた各メーカーのノウハウや考え方が少しずつ注入され、混ざりながら、グローバルニッチ、少量、多品種生産というところに収斂(しゅうれん)させることで、今のCerevoができつつあると思っています。

パン 試作は基本的に自分たちでするそうですが、「あったらいいのに」と思うツールや環境などはありますか。

松本 Cerevoがちょっと変わっているのは、常に世の流れとは少し違う方向に向いていることですね。ツールも「これがあればいいのに」というより、今あるものを組み合わせて使う。複数のツールを組み合わせると、他の人がやっていないようなことができる。そういう考え方がベースにあります。作りたいものと、今あるもので作れるものに多少ギャップがあるならば、それをどのように一致させていくかは、エンジニアの力の見せ所でしょう。

 重厚長大で何でもできるというツールが一つあるより、ツールの選択肢があって、ものによって使い分ける方がわれわれには合っているかなと思っています。

パン ツール使い分けとか、工夫のノウハウがCerevoの強さかもしれませんね。

松本 そうですね。なかなか明文化できないのですが、昔お金もなく、数人で作っていたころの、無理やり感が漂う試作などを見てもらうと、びっくりもするし、学んでもらう部分もあるかなと思いますね。本当に自分で一から手で削った試作品もいっぱいありますからね。

 Cerevoではグローバルニッチということで、多分、他の会社では企画として成立しないものを作っています。そんな製品を少人数で作るので、自分が作ったと言えるのです。そこに魅力やモチベーションを感じる人が集まっていることも、Cerevoの強さになっているのかなと思います。

パン なんだか70年代、80年代のモノづくりの話を聞いているみたいですね。

松本 むしろそれが、日本にいる一番の強みだと思います。1970〜80年代に活躍されていたエンジニアの方には、ノウハウがたくさんあるはずなので、それを教えていただける仕組みを実際に検討しているところです。実は、 われわれのアプローチの場合、最新の試作より昔の試作の方法論が効率がよかったのではないかということは、考えていきたいと思っています。

 われわれは中国を中心に海外で生産していますが、それだけでは中国で作っているのと同じになってしまいます。日本のノウハウを注入し、エンジニアが日本でオリジナルの設計をする。それと海外生産が組み合わさると、Cerevoになると思っています。

パン これから日本のモノづくりはどうなっていくと思いますか。

松本 Cerevoのような、ここまでグローバルニッチに偏ったメーカーが複数乱立するのは考えにくいとしても、少量で、いろいろなものが作られる世界はすぐ目の前に来ていると思います。作るのが小さな会社なのか、大きな会社なのかは分かりませんが、一般消費者にとって、選択肢が大量にあるという世界が来るのは間違いないでしょう。

 今でもノーブランドの家電が出てきていますが、それがもっと先鋭化して、知らないメーカーでも気にしないという時代になる。そうなったときに、知らないメーカーが作っている製品の元を作ったのはCerevo……という風になれるのが理想です。最初の一歩をただひたすら踏み出していく役割を、Cerevoが担っていければすごくいいなと思います。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:プロトラブズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部/掲載内容有効期限:2016年4月22日

モノだけじゃない! 日本のモノづくり

開発スピードをテーマにしたMONOist主催セミナーが、モノづくりを支援するプロトラブズの協賛で開催。ニーズが多様化するいま、注目の企業はどのように開発スピード高め、どんなモノづくりに挑んでいるのか。

IoTやビッグデータ解析、ウェアラブル端末、3Dプリンタなど新たなテクノロジーがどんどん生まれる中、これらはモノづくりに関わる人々にとってどういう影響を与えるのだろうか。ICTを中心とした新たなテクノロジーの進化がモノづくりをどう変えるのか。プロトラブズ社長のトーマス・パン氏が、最新の製造系ICTに詳しい志田穣氏と対談する。

モノづくりの世界に初めて飛び込んできた人の中には、3D CADや3Dデータも未知の存在だという人もいるだろう。今回は、そんな人たちのために、3D CADの歴史や基礎情報をナビゲート。MONOistのお役立ち記事や連載も併せて紹介していく。

家庭のWi-Fiにつないで、アプリで操作できるLED照明システム「Philips Hue」。“照明で生活シーンを演出する楽しさ”を提案しているこの話題の商品は、インターネットにつながることでさらなる可能性をもたらす。家庭内IoTを具現化するHueの魅力を探ってみた。

スマホやテレビにオープンソースのFirefox OSが採用された――。とかくブラックボックスになりがちなモノづくりの世界にもオープン化の潮流が訪れ始めている。Webでつないで、フィードバックを集めて、みんなの力を開発に生かすことで、今までにない新しい世界が広がってくる。一方で、多くの開発者が参加する開発手法に安全性などの不安もある。オープンソース的モノづくりの可能性について探ってみた。

小ロットの射出成形でみんなが頭を悩ますことの1つは「金型」。一般に日本で金型を作ると、コストが高額になってしまうイメージがある。だが目に見える「コスト」だけが問題ではないことは、実はみんな気が付いているはず。そもそも金型の知識が不十分な中で、理想とする製品に到達するためにカギとなるのは?

さまざまなメカ部品の製法があるが、何を基準に、どのように適切な製法を選択すればよいのか。今回はそのようなモノづくりのプロセス、ニーズに応じた、3Dプリンタ、切削加工、射出成形などの製法の選定ツールについて解説し、さらに製品開発をスピードアップする手法も紹介する。

今Pepperは、ソフトバンクのショップで、ソフトバンク社員の家で、また先行販売されたデベロッパーやクリエイターのもとで、2015年2月の一般発売に向けて経験を積んでいる最中。Pepperのいる生活とはどのようなものなのか、何を助けてくれるのか。Pepperを通じて、ロボットの可能性を考える。

2014年6月5日、ソフトバンクモバイルと、フランスに本社を持つアルデバラン・ロボティクスの共同開発による、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」が発表された。人とのコミュニケーションにフォーカスした、人懐っこい顔と、滑らかな動作。クラウドAIによって学習し続けるPepperの世界を、2回シリーズで追う。

シリーズ「面談不要の加工・成形屋さん」

MONOistの記者が、iPadスタンド作りにチャレンジ! Web上の加工・成形屋 プロトラブズの見積もりサービスで、自分が作ってみた、ちょっといいかげん(?)なモデルが切削加工でいくらになるのか試してみた。

MONOistの記者が、iPadスタンド作りにチャレンジするシリーズ。今回は、“本職の設計者”という素晴らしい助っ人をゲット! また今回もWeb上の加工・成形屋 プロトラブズの見積もりサービスを使いまくった。

今回は「一人家電メーカー」として注目を集めるビーサイズ 八木啓太氏が登場! 同社のLEDデスクライト「STROKE」や新製品でも、小ロット生産を力強くバックアップするプロトラブズのサービスが活躍していた。どんどん見積もりして部品のコストダウンや納期短縮をかなえるという、八木流プロトラブズ活用法とは? 八木氏の設計した製品の実際の見積もり詳細情報も公開!

今回は、MONOist「メカ設計フォーラム」でおなじみの「甚さん&良くん」コンビが登場! カッコイイ!? チャリティーグッズの設計にチャレンジだ。プロトラブズの見積もりサービスで樹脂部品設計を支援。

「世の中に物を送り出す」ビジネスは、「世の中自身」も作る。その役割が、いま個人や小規模グループにもゆだねられる時代がやってくる。今や誰もが作り手(Makers)になれる。しかし物を作るだけではなくて、メーカーとしてビジネスがしたい。そう考えたときには、3次元プリンタだけでは難しい。そこで活躍するのがプロトラブズのサービスだ。

モノづくりのプロにとっても樹脂パーツの小ロット生産をリーズナブルなコストで、しかも短納期でやるのは悩みの種。3次元プリンタでは実際の材料を使えないし、単価が高すぎて必要数量を作れない。でも普通に従来の量産射出成形を検討すれば時間もかかる。ニーズはあるのに1万個以下ではほとんど対応してくれるところがない……。でも、今までそんな谷間だった領域のパーツの製造が可能なサービスがある。

今回は、ユカイなモノづくりを目指すロボティクス企業 ユカイ工学が登場! 同社のフィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うためのケース・ホルダーを考えてみた。今回も、プロトラブズの見積もりサービスが活躍する!

ロボティクス企業 ユカイ工学による「ユカイなモノづくり」! 今回は、フィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うためのホルダーを小ロット生産するに当たり、プロトラブズを使ってコストダウンを検討してみた。

ロボティクス企業 ユカイ工学による「ユカイなモノづくり」! 今回は、フィジカルコンピューティングツール「konashi」を楽しく使うための樹脂ホルダーを小ロット生産するに当たり、プロトラブズを使ってコストダウンを検討してみた。いよいよ生産数の決定! 原価はどれくらいまで落とせるの?

ビーサイズの新製品・ワイヤレス充電器「REST」の開発プロセスには、たくさんの乗り越えるべき課題があった。理想の家電を実現するために妥協しない小さな家電メーカー ビーサイズの挑戦を支えたプロトラブズの利点とは。

「ユカイなモノづくり」を目指すロボティクス企業 ユカイ工学は、人材発掘もユカイ? 今回登場するのは、現役東大生のメカ設計者の安住仁史氏。同氏が、前回登場した先輩・小島拓也氏のデザイン画を基に、機構設計を進めていくことになった。今回は、そのほんの一部を紹介する。

化学メーカー クラレが開発した「クラリティ」は、透明で美しいエラストマー。「ちょっととんがったメイカーズにぜひ選んでいただきたい!!」ということで、“オンライン加工・成形屋さん”プロトラブズとコラボして、キラキラ輝くデザインプレートを作った。「クラリティ」デザインプレートを見ていれば、ふっとユニークな製品企画が思い付くかも!?